So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

20180628:ニャンも?(人の ”顔・声で心” を読む) [ニャン]

 面白い研究があるモンです。 "動物心理学" と言うそうな。
 北大院が東大院との共同研究で、"馬" が人の表情と声とを関連付けて感情を読み取れるとが解ったと発表しているそうです(出自:日経紙2018年6月22日付け)。

 従来は "" で同じ事が出来ると解っていたそうで、人と親密な関係を築いてきた事から "人と犬や馬との心理的な結びつき" の要因が解ったとの事。 笑顔で褒める様に話しかけたり、怒った顔で叱ったりする時よりも、笑顔で叱ったり、怒った顔で褒めたりすると "感情の不一致" を素早く察知するのだという。

 成る程。 解った様な解らない様な。

ところで:
 ニャンは "孤独性" の強い生きものだ。 こんな風にはならないんだろうなぁ・・・と想っていたら、例の岩合光昭さんが "世界ネコ歩き" の番組の中で良いスナップを撮る秘訣は、"ニャンに優しく褒めながら近づく" 事って言ってました。

 ニャンだって人を観て、"此奴良い奴" なんて選ぶんじゃぁ?
 何方か研究しないかなぁ・・・なぁんて。


共通テーマ:日記・雑感

20180610:間一髪!(ニャン) [ニャン]

 右目上の "ひっかき傷" が治り(*1)、再び自由気ままに畑とか竹林を走り回っている我が家のニャンが、ある日の午後、軽トラの殆ど空っぽの荷台に入り込み、昼寝を貪っていました。 ご近所のご家庭の水道配管の修理工事があったらしく、業者の方が道具類一式搭載中トラとは別の移動用の軽トラが駐車していたのです。

 修理が終わって業者の方が帰ろうとドアーを開け、スターターキーをヒネった瞬間、驚いて目を覚まし、荷台から飛び降りて帰ってきました。 動き始めだから良かったけれど、スピードあげた後だったら飛び降りる事、出来たんだろうか? "想定外" の間一髪で、こっちもびっくり。
 どうも我が家のニャンは、後先考えずに高い所に登って降りられなくなったり(*2)、少しばかり "おっちょこちょい" なのかなぁ・・・それにしてもニャンって、自分のテリトリー外へ出向くととたんに敵だらけになるらしいから、全く油断ありゃしない・・・(>_<)
-----
過去のブログです:
 (*1)20180527:”嫌われ役” に甘んじています(ニャン)
 (*2)20170813:ニャン やっぱ、高い所から降りるのは苦手


共通テーマ:日記・雑感

20180527:”嫌われ役” に甘んじています(ニャン) [ニャン]

 我が家のニャンが竹藪かなんかで右目まぶたにひっかき傷を負って帰ってきた。
 一年前の事(*1) があるので早めに消毒の手当をするのだが嫌がり、それに治りかけると痒いのだろう、掻いてまた傷がぶり返すの繰り返し。

 せめて治りきる迄は外出を辞めさせようとするのだが、切ない泣き声で外へ出たがる。

 自分は "駄目!傷が治るまで出られないよっ!" って 声大にして "きつく" 叱るのだが、これは "嫌われ役" だ。

 我がワイフ殿は自分からは叱らず、自分が叱るのを遠くから観ているだけっ。
 おかげで、しばらくは側に近寄ってくれないだろうなぁ・・・
 "損な役" を演じています (>_<)
-----
(*1):こんな事がありました:
 ”20170509:ニャン_救急騒ぎ

共通テーマ:日記・雑感

20180505:行方知れずで大騒ぎ(ニャン) [ニャン]

 先月下旬、横浜市が集中的な大雨に襲われた午前中の事、さすがに外に出ていない筈のニャンの姿が見えない事に気がつき、さして広くない家中を探し回ったのです。

 もしや "バスタブ" に入り込んで溺れているんじゃないか、出しっ放しの "こたつ" の中? "トイレ" の中? "押し入れ" の奥? "ベッド" の下? 家具の間の "隙間" ? ・・・

 何処を探しても見つからない・・・と焦り始めた時、"ニャオ~ン" の泣き声、我がワイフ共々声のする部屋へ走って行ったら、何てことっ! "キャット・タワー" のてっぺんで朝寝を楽しんでいた(?)みたい。
 キャット・タワーなんぞ、最初に見た筈なんだが・・・

 背中がこちらで窓側に向いて横寝していた様で、おまけに窓側には茶系のブラインドがあって、ニャンの保護色になっていて気がつかなかったのでした。

 ホッとするやら、見逃した我が身の迂闊さ・散漫し始めた注意力を思い知らされた次第です。
 とんだ大騒ぎでした。
 久しぶりに我がワイフ殿と一緒になって動き回った次第です。


共通テーマ:日記・雑感

20180502:お腹の上で、香箱座り・ウトウト(ニャン) [ニャン]

 ついこの間、夜更かしのせいで、ついついソファーで横になり、昼寝していた時の事です。
 少しお腹が重いなぁ?・・・と目が覚めてみたらびっくり。

 なんと、我が家のニャンが自分のお腹の上で香箱座り、彼もウトウトしていたのです。
 自分が目覚めて身体を少し動かしたら、彼も気がついたのか、大きくあくび・・・

 なんとも長閑な・・・というか、小さな "幸せ感" を貰い、抱きしめました。
 これがペットと共生する冥利・醍醐味なのかも・・・と、つくづく感じた次第です。
 (^^)/

因みに:
 自分が昼寝したソファーは、ニャンがお気に入りの奴でした。
 道理で ・・・ ホントは、"退けってばッ!" と言いたかったか?

共通テーマ:日記・雑感

20180429:ニャンは名ハンター② [ニャン]

 啓蟄(けいちつ)の日から既に2ヶ月近く、今や地中の虫等もお日様目がけた活動の真っ盛りに入っている様で、それに合わせるかの様に我が家のニャンはすぐ前の畑で名ハンター振りであります。

 畑の片隅でじっと地面を見ていて、時々 "素早く手を突っ込んで" 何かを掴もうとしている。
 虫とかネズミ(?)を捕らえ様としていて夢中だ。
 いくら呼んでも振り向こうともしない。

 確か去年は小鳥を捕まえて誇らしげに我が家に凱旋してきたんだが・・・
 確認したところ、2月7日付けのブログでご紹介させて戴いていました(*1)
 ニャンも今が一番楽しいのかも。
 
 四季とは名ばかりで春と秋は夏と冬への準備期の様に短い。
 ここでも速くも夏日が到来している。
 年寄りも辛いが、あの毛皮族だ、ニャンも(ワンちゃんも)辛いだろうなぁ・・・
 それこそ夏の昼間は玄関のたたきにぐったりと寝そべっています。
 自分も添い寝したい (>_<)
-----
(*1) お時間あればご訪問下さい:
  20170207:ニャンは ”ハンター”

共通テーマ:日記・雑感

20180423:腹時計(ニャン) [ニャン]

 "腹時計" って、私ら独特のモノと勘違いしていました。
 我が家のニャンは、陽気の良いこの頃は外出がち(*1) なのですが、"17:00±15"(つまりは、午後4時45分~5時15分) には必ずと言って良いほど帰ってきて、"ご飯をおねだり" します。
 晴れても曇っていても、風が吹いていても関係無しにです。
 さすがに雨の日は苦手で家に居着く方が多いのですが、それでも外出している時は同じ頃に戻ってきます。

 でもって、その頃になると自分は我がワイフ殿に
  「そろそろ帰ってくるぜ。用意しておこうか」

って、好物を揃え始めるのです。

 "ニャンにも腹時計" ってあるかしらん。
 少し不思議。

因みに:
 "±15分の精度" って、後期高齢者が自動車運転免許証更新の時に事前受講が義務づけられている "認知機能試験"(*2) のなかの一つ:"今何時?" の正解範囲並みです(±20分以内が正解)。
 即ち、
  後期高齢者 ≒ ニャン(時刻認識能)
 つまりは、
  私ら後期高齢者はニャン並みでOK!

って事を "発見" したって次第です?!
 ハハハッ!(泣)
-----
以下は過去に投稿したどうでも良いブログです。 お時間あればご訪問を!
 (*1)20180413:心配したよっ!(ニャン)
 (*2)20180203:奮戦! 認知機能検査

共通テーマ:日記・雑感

20180413:心配したよっ!(ニャン) [ニャン]

 ここ一週間というもの、我が家のニャンは "外出しっぱなし" で、日に二三度程食べに寄る程しか家にいつかない。
 そんなに遠くへは行っていない筈なんだが・・・と想うものの、姿を見かけないと気がかりだ。

 と、そんな折り、いつものウォーキングを終えての帰り際、我が家のそば、竹林の中で其処だけが日だまりのところで微睡んでいるのを見つけた。

 不用心なっ・・・呼んだらこっちを向いたが、普段と違い寄ってこない。
 多少の風等なんのその。
 爛漫となってきた春・・・昼も夜も、家の中よりも外の方が気持ちが良いのかな。
 ニャンとも長閑?で、少し幸せ・・・


共通テーマ:日記・雑感

20180218:人類はニャンに ”手なずけられてきた” ようです。 [ニャン]

 ニャンのブームは世界中で広がっているらしく、米国からはニャンとも不思議な本が出た:
  "猫はこうして地球を征服した"
    A.タッカー(邦訳=西田美緒子;出版:インターシフト)

 皆様大変です、何とっ! 原題は "居間にいるライオン" (The Lion in the Living Room)!

 ニャンはリビアヤマネコを出自とする事はよく知られているが、人類との出会いは1万年ほど前、古代メソポタミアの村落でだったらしい。
 ネズミ取りが目的ではなく、残飯目当て。
 そのDNAは今も健在で、都会の野良ニャンを観れば解る(残飯に不自由しなければネズミには見向きもしない)。

 ワンちゃんと違ってニャンは "猟猫" とか "番猫" になる事は無く、"実用の役には立たない" ・・・ うぅ~ん、嫌な言い方だが "確かに"。

 なのに何故人類はニャンを飼うのか、何故魅力を感じてしまうのか。

 著者の解答は、発想を逆転していて、なんと、
  "出会った瞬間にニャンが人類を手なずけてしまった"

だからと言う。
 ニャンは人類を手玉に取っていて、自分の想い通りに操っているらしい・・・そうな。
 飼っているのはニャンではなく、そのつもりにさせているに過ぎない・・・ってか?
 たははっ・・・ニャンとも楽しい本です。

PS:
 この書籍については日経紙2018年2月3日付け朝刊の書評ページで知り、高いにもかかわらず直ちに取り寄せてむさぼり読んだ次第です。


共通テーマ:日記・雑感

20180210:ニャンらしい(超厳寒の日々) [ニャン]

 我が家のニャンは雪が降っていても周りの畑とか竹林の見回りを欠かす事が無かったが、さすがに先月下旬の大雪の上、記録的な超厳寒の日が続いた時は、エアコンやガスファンヒーターの前とか、こたつで寝ていました。
 確か一年前の雪の日は外を飛び回っていたのだが・・・
   こんな感じでした:
    "20170211-3:ニャンは喜び畑を駆け回った!?"

 今年は何十年振りの大寒波到来で、寒さが半端じゃなかったせいなのか、それとも "お歳" のせいか?

 我が家では "やっとニャンらしくなったね" ・・・ 等とノー天気な事を言っていましたが、気温が10℃近くになったら相変わらず外へ出まくっております。
 やはり寒さのせいだったんだ・・・少し安心。


共通テーマ:日記・雑感

20180201:そう言われても・・・(ニャンとの ”ディープ” な付き合い) [ニャン]

 最近、ニャンからヒトへの感染症にかかった方が複数見つかり、気の毒な事には死亡事例もあったそうだ。
 厚生労働省が言う事には、症状は風邪に似ており、初期症状の場合では治療法が解っているものの、ニャンやワンちゃんとの "ディープな付き合い" は可能な限り避けるように・・・らしい。

 そうは言ってもなぁ・・・我がワイフ殿共々途方にくれています。
 なぁんてウソ
 今更付き合い方を変えろって言われても、もう遅いよ・・・
 我が家のニャンもそう申しております (^_^)

その証拠に:
 我が家のニャンがこのブログを書いている最中にキーボードの上を悠々と歩き、自分の顔を舐めています。
 "旨い奴呉れ" ってか?・・・おお、よしよしっ!

共通テーマ:日記・雑感

20171227:”ニャン・パラ” の変貌を憂う [ニャン]

 CNN@USAは現・米国大統領にフェイク・ニュース元として毛嫌いされているようだが、かって、 "勝手" に世界の "6大ニャン・スポット" を選定した事がある。

 即ち、
  ① ヘミングウェイ博物館@フロリダ州(知っている)
  ② ラルゴ・アルジェンティナ広場@ローマ(かすかに知っている)
  ③ カルワン@トルコ(トルコが "ニャン天国" だとは知っている)
  ④ 猴硐(ほうとん)@台湾(知っている)
  ⑤ 田代島@宮城県(〃)
  ⑥ 相島@福島県(〃)

だ(:③ については WikiPedia で確認)。

 ① は6本指のニャンで有名だし、例の "岩合ニャン"("岩合光昭の世界ネコ歩き"@NHKBS・不定期放送番組) でも詳しく紹介されていた。

 ② のニャンは "生物文化遺産" と認定されていると、ニャン好きの方から聴いた事があった。

 ③ については、イスラム教では "ニャンは神の使い" との想いがあるそうで、何処でも可愛がられるそうだが、トルコのニャンは特別で、それを描いた映画が評判との事です(確か日経紙の文化欄で読んだ記憶が)。

 ⑤ は3.11以後、繰り返し TV で紹介されているし、⑥ はつい最近NHKの "ダーウィンが来た"(日曜19:30-20:00)で2週にわたって紹介されていた。

 例の岩合ニャンでも台湾ニャンの紹介はあった。
 撮影場所が④とは違っていた様な気もしているが、日経紙がその変質ぶりを伝えていた(2017年12月12日付け署名記事:"「猫の天国」観光地化で変質")。
 6大スポットに選ばれた以降、大勢の観光客が訪れ、その中にはニャンを捨てていく不届き者もいて、現地のニャンに置き換わっている程に多いという。

 田代島や相島にも大勢の人達が訪ねる様になったそうです。
 が、小さな離島だ。
 わざわざ癒やしを求めて訪ねるのは島民の方々にとっては迷惑な話なのでは・・・

 線路の中に入り込む様なルールを無視した "撮り鉄" みたいに、ニャン目当てに民家に入り込む、餌をやり過ぎる等、地元の迷惑を顧みない行いだけはして欲しくないなぁ。
 折角の "ニャン・パラダイス" が変質・変貌してしまいます。
 ニャン好きならせめて餌代とか去勢費用の寄付等に留めて欲しい・・・と思うのは自分だけでしょうか?


共通テーマ:日記・雑感

20171111:我が家のニャンは ”名モデル”? [ニャン]

 外出から戻ると、玄関先で我がワイフ殿がご近所の奥様とにこやかに談笑中!
 何だと想ったら、何とっ! 我が家のニャン(ソマリ種。♂。7歳)の写真集を届けに来て下さったのだとっ!

 驚きました、我が家のニャンが畑とか竹藪の中で香箱座りしているところとか、う~んと背伸びしている姿とか、おすまし顔をご主人が散歩の度に写真に収めてアルバム風にまとめて下さったのです。

 中には我が家では見せない鋭い顔付き、なんか獲物を見つめている様な瞬間を写したものもあって、家の外での姿を垣間見る事が出来ました。

 撮影されたご主人は、ソマリを初めて見た時、"野生の残り" を感じて、折に触れて写真に収めていたそうで、その集大成を戴いたのでした。

 嬉しくなって秘蔵のフランケンワイン一瓶をお礼として差し上げ、引き続きよろしくと厚かましいお願いもした次第です。
 どうやら私らは新しい "ニャン友" が出来たようです (^_^)


共通テーマ:日記・雑感

20171104:最近やけに ”懐っこい”(ニャン) [ニャン]

 最近、我が家のニャンがやけに自分に懐っこいのです!
 (^_^)

 PCに向かってブログ原稿に苦心していると、ぴょんとキーボードに飛び乗って顔を舐め、身体を押しつけてくる。
 急になんなんだ? と想っていたら、竹藪をほっつき歩いているせいか、ネバネバした松ヤニのような油で背中の毛が固まっている事に気がつきました。
 毎日ブラッシングしているのにィ・・・

 どうやら自分ではとれないので "なんとかしてくれ" と言っている様なのです。
 指で摘まみ取ったり、それが出来ないと鋏で注意深く切り取ったりすると、"礼も言わず" に満足そうにして外へ飛び出して行きました。
 やれやれ・・・ニャンって奴は!
 でも "頼りにされている" んだ・・・と想う外無いんですよネェ
 (^_^)


共通テーマ:日記・雑感

20171027:初めてのシャワー(ニャン) [ニャン]

 我が家のニャンは7歳にして初めてシャワーを体験しました。
 いやぁ・・・その抵抗が凄かった事といったら!
 始めは "ぎゃっ~" って、凄い泣き声でした。

 "ネコ会議" でもするのか、雨にもかかわらず夜な夜な畑とか竹藪へ出かけ、2~3時間おきに帰ってくる様なのですが、先週、お尻周りと後ろ足が余りにも汚れていたので、たまたま居た息子と二人がかりで風呂場に閉じ込め、シャワーで洗い清めたのです。

 ニャンは水を嫌がる・・・雨の中を平気で出て行くくせに、全くその通りで、始めは嫌がっていましたが、お湯のぬくもりを気持ち良いと感じたのか、それとも諦めたのか、そのうちにおとなしくなり、タオルできれいに拭き、乾燥させると気持ちよさそうな顔をしてました(おかげで私ら二人はずぶ濡れになりました)。

 今まではタオルで騙し騙し身体を拭き、ブラッシングしてたのだが、これからは時々シャワーでシャンプーするかな。
 でも二人がかりはチョット・・・
 悩んでいます(こう言う悩みって、結構楽しい?です)。


共通テーマ:日記・雑感

20171014:”ニャン好き” の皆様 とっておきの記事です! [ニャン]

 自分は、ニャンや可愛らしいワンちゃんのブログを読み、かつ写真を眺める事が楽しみの一つになっております(蕎麦等の食べログも大好き。自分も食べてみたくなる様な時に "Nice !" を連発)。

 "ニャンのあくび" ・・・ 目の前でされると、可愛らしさだけでは無く、それだけ自分が信頼されてる "証" で、本当に癒やされる瞬間です。

 同じ想いを写真家の森原輝明氏が以下に寄稿されています:
  日経紙:2017年10月4日付け第44面(文化):
   ” あくび姿ニャンだふる!
    - 野良猫の 「素の表情」 撮影 仲良くなってこそできる - ”

 この題目だけでご想像出来る "暖かい内容" です。
 岩合さんお馴染みの "ネコ歩き" で披露されるのとは視線が違いますが、ニャン好きにはたまらないエッセイです。
 是非ともご高覧を!

ついでに:
 偶然でしょうが、2017年10月6日付け日経紙朝刊文化欄では以下が紹介されています:
  板倉容子氏(青森県立美術館学芸員):
   "馬場のぼる 人間観察の人"

 お若い方々はご存じ無いかも知れませんが、馬場のぼるさんは漫画家・絵本作家(故人)で、青森県ご出身、"ポスト君" のような "ほのぼの漫画" を得意とされた方ですが、手塚治虫さん作品にも出演されています(例:"W3"(ワンダースリー)の馬場先生)。
 ニャンがらみでは、"11ぴきのねこ" の絵本が有名で、上記のエッセイでも、ほのぼの満点の2ニャン’ズの絵が添えられていました。


共通テーマ:日記・雑感

20170928:秋模様でニャンもやけに人懐っこい [ニャン]

 暑さ寒さも彼岸まで・・・とはよく言ったもので、例年は "嘘ばっかりっ" と想う程に10月第2週頃迄夏日があったりしたものだが、今年はほぼその通りになるらしい(そう、気象予報士が宣言していましたが、今週初めは夏日だったぞいっ!)。

 確かに雲も秋模様に変わっているし、蛇口を捻って出て来る水は冷たくなっているし、明け方は時に冷え込む感じの時すらあります。

 そんなせいでしょうか、我が家のニャン(ソマリ種:♂:ついに7歳!)も暑い盛りの時はぐったりの感じでしたが、最近は "元気復活!"、車の屋根に勢いよく飛び上がる様になったし、何よりPCを使っているとキーボードの上に乗っかり、顔を舐めに来る (^_^)。

 "ぼっこさん" のブログ("ひなたぼっこ:ニャンの気持ち")でも紹介されていましたが、ニャンも涼しくなって人懐っこくなった様です。
 そろそろ種が尽きかけて来たものの、"気合いっ" を入れて、中身のあるブログにしなっきゃっ!と想う次第で~す。
 (>_<)


共通テーマ:日記・雑感

20170813:ニャン やっぱ、高い所から降りるのは苦手 [ニャン]

 以前、"高い所が好き" と題したブログを紹介させて戴いた事がありました:
   ”20170524:ニャンは高いところが好き”

 そこでも "樹にのぼる事もあり(、だけど降りるのは苦手みたいだ)" と記しましたが、今回はそのものずばりのお話です。

 8月始めに、ここ横浜では北風が吹いて、やけに涼しい曇りの日がありました。
 早朝ウォーキングーは殊の外に気持ちが良く、高揚した気分で帰り、我が家の前、北側の畑を見下ろしながら柔軟体操もどきで筋肉のクールダウンをしていた時です。

 "ニャーンッ"
と頭の後ろからニャンの "かぼそい" 鳴き声。

 我が家のに似ているが・・・と想いつつ、振り返っても見当たらないので柔軟を続けていたのですが、今度は

 "ニャーッ"、 "ニャーッ"、 "ニャーッ"
と "切羽詰まった" 様な鳴き声!

 慌てて再び振り返ってもやはり見当たらないっ!・・・と想ったら、なんと! 1階/2階の境の飾り屋根にいたのです!

 降りるに降りられず、 "ニャンなりに" 困っていた所に自分が帰ってきたと言う訳。

 小鳥かなんかを追って、フェンス際の木の小枝から飛び移ったんだろうけど、狩りは失敗し、今度は小枝に飛び戻れずに途方にくれていたのか。

 脚立みたいな折り畳みスタンドを持ってきて両手を差し上げたら飛びついてきました。
 "ニャンともありがとう!" と礼を言ってくれると想ったら、頭を踏み台にしてすぐさま道路に飛び降り、何食わぬ様子で顔を舐めていました。
 (>_<)

 でも頼りにされているんだ・・・と納得!


共通テーマ:日記・雑感

20170805:ニャン 心配の種は尽きまじ [ニャン]

 この7月30日(日)の事です。
 近場でしたが、ついでの買い物もあり、クルマで市長選に出向いた帰りの事。
 坂道を上っていたところ、先方に茶系のシャープな顔つきをしたニャンが道ばたに佇んでいてこちらを見つめている。

 なんと!我が家のニャンじゃないかっ!
 ニャンは近眼の筈で、自分ではなく、クルマの色・形・音で気がついたのでしょう。

 それにしても驚きました。
 我が家から500m以上離れたクルマが結構通る表通りで、本来はテリトリー外の筈でした。
 飛ばすクルマも時にはあるので、心配事が一つ増えた感じです。

 「あそこは危ないから行っては駄目っ!」 って言い聞かせたのですが・・・
  (>_<)


共通テーマ:日記・雑感

20170730:ニャンの食欲不振に右往左往 [ニャン]

 つい先頃、我が家のニャンも、ついにこの蒸し暑さに参ってしまったのか、食欲がなくなりました。
 水ばかり飲んで、乾物もウェット物も食べようとしない。
 鈴を転がすように鳴いてこちらを見つめるのですが、何を訴えているのか、解らない。

 このブログ・コーナーで紹介されていた “ぼっこさん” の真似をして、乾物を磨り潰してウェット物と混ぜてだしてもダメ。
 途方にくれてしまった。

 ところが、翌日、曇りで30℃未満、わずかに北風が吹いて比較的過ごしやすく、エアコンも必要なかった日、急に従来通りの食欲を示して食べ始め、元気よく外へ出かけました。

 ホッ!
 暑気あたり・・・って、人間様に限らない、ニャンにもあるんだ、つくづく思った次第です。


共通テーマ:日記・雑感