So-net無料ブログ作成

20190807:”英会話力” って? [雑感]

 今年4月に実施された “全国学力テスト” 結果が文科省より公表され、8月2日付け各紙紙面では総括記事が満載だった。
 全体平均では “英会話” 部門の正解率が極端に低かったらしい(中学3年生)。
 上位校では英会話による “ディベート合戦” 等の実戦教育が効いている・・・との紹介解説もあった。

はてさて:
 通常私らが会話する時、解らない時は聞き返したりして確認するが、学力テストでは一方通行だ。
 また普段から英語で聴く/話す習慣をつけていないと、間違えると “気恥ずかしい” との想いが先行して文法とか発音に気が取られてしまう。
 こんなのが背景にあるのかも。
 とすれば、今は大昔の日本人と今の若者は殆ど変わっていない ・・・ ”英会話に関しては” って事ですかな? (>_<)

自分の場合:
 英語は高校時の僅かな期間に第二外国語として授業を受けたに過ぎないので、殆どの方に比べれて比較にならない程に文法・発音・構文等々の知識が幼稚で乏しい。

 が、これが結構 “良い方(?)” に作用したんだろうと想うが、”R” と “L” の発音には未だに苦労(?)するモノのの(*1)、またスマートさとはほど遠いが何とか英会話はこなす事が出来る・・・と言っては言い過ぎだが、”尻込み” はしない方だ。

 結局、“気恥ずかしさ” は放っといて、”度胸一発”、”何回も失敗”しながら”経験を積む”・・・上達にはこれっきゃ無いと想うんだがなぁ・・・
-----
(*1)20170310:"R" と "L"(我々も区別している?)


共通テーマ:日記・雑感