So-net無料ブログ作成
ワイン考 ブログトップ

20171202:消費量がワイン>日本酒?! [ワイン考]

 二年後の2019年にEUとの間でEPA(経済連携協定:合意品目の関税⇒0)が発効されれば、EUからのワインが関税分だけ安くなる(出所:日経紙2017年11月23日付朝刊第15面)。
 最近の若い方々の中には、日本酒を敬遠するもワインならOK!という方が多いらしく、拍車がかかれば消費量でワインが日本酒を抜くのも時間の問題らしい。

 現状の "関税額≒¥93-/瓶" なので、自分の様な年金生活者が楽しむ一般普及版ワインの価格は¥1K未満が圧倒的だから、10%程の値下げで、これは朗報です。

 輸出元で認定され、葡萄の種類名がついているワインであれば、普及版であっても "それなり" に楽しめるので、これは嬉しい話だ。
 既にチリ産の "シャルドネ" だってその通りで、コスパは良いし、2年後にはよりどりみどりになるのかも!
 自分は日本酒とワインどちらもそれなりに戴くが、そうなったらワインの方へ傾くのかなぁ・・・
 とりあえずは何としてもEPA発効まで生き延びるぞいっ! (^_^)


共通テーマ:日記・雑感

20171126:人類は8K年前から ”飲んべえ” だった! [ワイン考]

 自分はボージョレ・ヌーヴォーを好みませんが、楽しまれた方々も多かった事でしょう。

さて:
 大分前になりますが、11月14付けの日経紙夕刊で小さな記事を目聡く見つけました:
  "ワインの醸造8000年前に痕跡 ジョージア(で)"

 米欧研究チームが発見したもので、ジョージアの首都トビリシ郊外で発掘された8000(=8Kと略記)年前の壺に残されたワイン醸造の痕跡(装飾と酒石酸)から特定された様で、これ迄の説よりもおよそ1K年遡った事になるそうです。

 米酒、つまり日本酒は米を糖化し、それから発酵させる2段工程を必要とし、醸造法が確立されたのは奈良時代らしいとされていますが、一方、果実酒、特に葡萄酒、即ちワインは自然発酵で "それじみたモノ" が簡単に出来ますから人類最初のアルコール飲料とされている様です。

 それにしても、氷河期が終わるのがおよそ10K年前とされ、この時期は我が日本列島が大陸から切り離された時期ともされていますから、人類は随分と大昔から飲んべえだった(?)のでしょうか?
 日本では縄文時代に当たりますから、縄文人はどうだったのか、お酒類とは無縁っだたのか・・・等と思い浮かべるのも一興です。

ついでに:
 現役の頃、六本木界隈にあるロシア料理店で "グルジア(←当時のジョージア国の呼び名とされていました)"・ワイン(赤)を戴いた事があって、懐かしい思い出です。
 それ以降機会が無く、残念ながら味わいはすっかり忘れてしまっていますが・・・


共通テーマ:日記・雑感

20170818:ワインの消費が鈍った。その背景は? [ワイン考]

 キリン・グループのワイン部門 "メルシャン" の調査結果によると、2016年国内ワイン出荷量(=国産+輸入分(≒70%))が36.5万㎘で前年対比3.8%減少したと言う事です(日経紙:2017年8月12日付け)。

 ここ数年のワインブーム(?)は、日本/チリ間EPAが発効したおかげでチリ産ワインの輸入関税が引き下がった結果、コスパ抜群となって2015年にはフランス産を抜いて輸入量首位となったそうだ。

 ワインの国内消費量が減った理由として、記事では
① 安さを訴えた結果、ワインの基本的な魅力(:葡萄種類*地域*発酵← 自分の理解です)が伝わりにくくなった(メルシャン)

缶チュウーハイ等他の酒類との競合が激化した(サッポロ)

とのサプライヤー側の見解を紹介していましたが、これはワイン愛飲家である消費者の見方、特に自分の解釈とは大いに異なります。

自分は、
①はチリ産ワインの品質を云々しているが、むしろ "輸入ワイン+国産ワイン汁をブレンド" してボトル720~750㎖当たり¥300円程度の超格安モノを大量に出荷したサプライヤー側のマーケット戦略の失敗だと思います。
 さすがにこのクラスは、楽しみながら飲むのには辛い所があります(ハッキリ言って、美味しくない。但し全てのPETワイン(*) がこう言う訳ではありませんが)。
  (*) こんなブログした事がありました:
      ”20170221-3:PET ワイン”

②はサプライヤー側でありながらワイン愛飲家の本性を知らな過ぎます。
 アルコール飲料でありながら、発酵系と蒸留系は味わいが "異質" で、カクテルを除けば "どちらもウェルカムの飲み助" はあまりいない(いるとは想えない)。
 大抵はどちらかで、ワイン・ラバーが缶チュウハイを飲む姿を自分は観た事がない(自分もそうです)。

 チリ産ワインは依然としてコスパが良く、葡萄の特徴もよく引き出しており、自分は少しも水準が下がっているとは思わない。

 まぁ、酒飲みは唯我独尊のところがあるので、話半分でお読み下さいませ。
 m(_ _)m

追記:
 そう言えば日本/EU間EPAもいずれは発効するようで、そうなればヨーロッパ産もいくらか安くなるのかなぁ。
 まぁ、期待半分としておきましょう。
 自分はたいして安くならないと想います(:今でさえ原価対比で儲けは凄いから、いくらか安くしても良いもんだがその気配は全くないからです← 拙宅近くに個人でワイン輸入を手がけている方のお話しから)。
 今の時代、欧米崇拝でもなかろうに・・・(好みがたまたまEU産なんて事は大いにあり得ますがネ!)

共通テーマ:日記・雑感

20170610:フランケン・ワイン [ワイン考]

 イタリア産の辛口も良いが、時に気楽に楽しめる ”フランケン・ワイン” が自分の好みではあります(ドイツ産唯一の辛口とされますが、シャルドネ程ではない)。

 一般には置かれていない部類なので、昔からのつきあいで輸入元から毎年一括して若干の数量を購入しているのだが、最近は以前の様な ”さっぱりした辛み感” に乏しい感じがしてならない。

 輸入元担当に問い合わせて見ると、ここ数年は夏場が暑すぎて、どんぴしゃの葡萄に育っていない傾向が少しあるそうだが、問題になる程ではないとの事。

 とすれば、自分の舌が ”加齢でピンぼけ” になってきたのか、それともハッピーカントリー産の格安シャルドネの味に馴染んでしまったのか、今ひとつ解らず、しゃっきりしない今日この頃です。
 こんな時、どうしたら?
 田崎さんのワインセミナーの門を今一度叩いてみるかなぁ?(*)
    (*) お時間あれば:20170403:ワイン ③ "日本ワイン"


共通テーマ:日記・雑感

20170403:ワイン ③ "日本ワイン" [ワイン考]

 大分前の話になりますが、国内大手ワインメーカーが、"国産葡萄" から醸造する "日本ワイン" に注力するそうです(サントリ*及びサッポ*社:2017年2月22日付けプレスリリース)。

 国内でのワイン消費量が増えている、また海外での日本ワインの評価が高い事から成長事業と見込んだ模様です( "日本ワイン" の定義は知らないのですが、ここでは、取りあえず記事通りに使っています)。

 でも、30年程前、既に特段に上品質な "国産赤ワイン" が少量生産ながらもあった事をご存じでしょうか。

 自分がワインにはまり始めた頃、ソムリエとして著名な田崎真也さんのワイン・セミナーに出席し、イロハを詰め込んでいた頃の経験です。

 試飲の段階で、上品な渋みどっしり・フルボディの赤ワインが出て、その出自を言い当てるテストがありました。
 自分も含めて誰でもが "ボルドー" としたのですが、正解は ”山梨”、何と純粋な国産赤ワインだったのです。

 その時の田崎さんの教え:
   "産地・葡萄の種類・醸造年代・価格・ラベル等に惑わされずに、自分の舌に正直に "美味しいモノは美味しい" と感ずれば、それで(それだけで)良いのです。その感性が大切です。"

は、未だに良く覚えています。
 正しく、"目から鱗" でした。

 そこで思い起こすのは・・・
 正月元旦恒例のTV 番組 ”芸能人格付けチェック"(TV朝日系)では、100万円程のビンテージ品と5千円程の赤ワインの目隠し試飲があり、多くが間違える、と言うか、お芝居で無ければ区別がつかない・・・

 5千円もする赤ワインは、自分で言えば特別な時にしか戴かない、一方、芸能人で言えば飲み慣れたクラス(以下)でしょうが、100万円ワインと直ちに解る程の差は無いと言う事です。

 値段に惑わされずに、ビンテージでなくとも美味しいと感じればそれで良いのだし、ビンテージ品だから美味しい "筈" と無理して思い込む必要は無いのです。

 最近はお手頃値段のワインが赤も白も大変美味しいものがあり、ワイン好きには喜ばしい限り。
 この意味では良い時代です。

 田崎さんの教えは、自分の日本酒、と言うよりは "SAKE" を味わう際にも、未だに活きています。
 良い事を教えて戴きました。
 今も感謝しています。

共通テーマ:日記・雑感

20170328-2:ワイン ②ワイン "樽" [ワイン考]

 可成り以前にPETワイン(PETボトル詰めワイン)について申し上げた事がありました:
   20170221-3:PETワイン

 今回は正反対になりますが、樽詰めワインを味わった経験をご紹介させて戴きます。
 祝い事の席等で樽酒(日本酒)を愉しんだ方は多いと想いますが、樽詰めワインの場合、ワイナリー以外ではその機会は極めて希ではないでしょうか。

 自分は現役時代、一度だけパリに出張した事がありました。
 "なんとかのセミナー" に参加した訳ですが、夜にはエクスカーション、つまり夜の歓楽街を巡り、落ち突き先は下町の居酒屋で乾杯!を経験しました。

 そこでは、ワインが飲み放題で、特に樽詰めの赤ワインは、恐らくは銘醸ワインと呼ばれる類いとはほど遠いハウスワインであった筈ですが、とても美味しかったです(気分も高揚していた?)。

 また何時だったか、山梨県の某ワイナリーで熟成中の樽詰め赤ワインの味見をさせて戴いた事があり、そこでも大変美味しい想いをしております。

 日本酒では、杉や檜の樽を菰(こも)で包み、ふと縄で絞めた樽酒は、見た目も鮮やかな上、木の香りが加わり、味わいも一段と上がっているとの経験があります。
 最も、樽酒を戴くのは晴れやかな場面なので、やはり気分が高揚しているせいもあるのでしょうが。

 樹木からの何かが染み込んでいる筈なのですが、木の種類・樹齢、樽としての使用履歴等が複雑に絡み合っていて、中々計算尽くではいかない味わいがある様な気がします。

 ところが、最近は "付け香" とでも言うのでしょうか、香り付けした日本酒もあり、目隠しで味わったらどれだけの方が解るのか・・・と言う程、見事なものもある様です。

 良い時代になりましたっ!(?!←自分には判定不能)と言って良いのかしら・・・?


共通テーマ:日記・雑感

20170221-3:PET ワイン [ワイン考]

 22日は終日外出するので、21日の内に先出しします。

 最近、PET ワインが目立ち始めています。
 PET とは、あの "ペットボトル" の "ペット"(ポリエチレンテレフタレート)の事です。
 風味を何より大事にする筈のワインですら、PET ボトルが使われ始めた訳です。

 本来 PET 樹脂は食品等の包装に使われているポリエチレンやポリプロピレンよりも水分や空気を通しやすい樹脂なのですが、透明性が格段に高いのでボトルとしての需要が高い様です。
 恐らくは特別の細工をして空気や水の流通を妨げているのでしょう。

 飲料や食品の包装材は一銭でも安く・・・が提供者側の要請であり、低価格帯ワインでは瓶から PET ボトル詰めになったのだと想われます(ボトル自体の重量も大幅に低減しますし)。

 瓶詰めでは定番であったコルク栓も、樹木の生長が需要に追いつかない事もあってアルミ等のスクリュー式へ切り替わっている銘柄も多いのですが、ボトル材質の切り替えはコストからの要請を反映したものでしょう(味気ないがコルク栓よりもスクリューキャップの方が扱い易い事は事実)。

 でも開栓した時、気のせいか(、多分そうなのでしょう)、ワインとは異なる樹脂臭を感じる場合がある気がしてならない・・・樹脂自体は本来臭気を持たない筈なので、ボトルへの加工性を稼ぐ為の成形助剤等の僅かな臭気でしょうか?

 少しばかり気にしながらもコスパ抜群の PET ワインを時には愉しみます。
 昔と違って最近のワインは出来が良いのが多い・・・と言うよりも、味わいの整え方が格段に上がっている様です。
 ブレンド技術の進歩恐るべし・・・です!

 因みに葡萄の種類名を銘打っているワインであれば、安くても最低線その葡萄本来の味わいが楽しめる筈なので、銘柄名と原産地確認を肝に銘じています。


共通テーマ:日記・雑感
ワイン考 ブログトップ