So-net無料ブログ作成
検索選択
気晴らし事 ブログトップ

20170421:侍 ⇒ ガンマン [気晴らし事]

 大分前の事になりますが、3月下旬のNHKBSでは黒澤明監督の名作・代表作でもある7作品が一挙に放映されていました。

  3月23日:隠し砦の3悪人(三船敏郎他:1958年作品)
  3月28日:七人の侍(三船敏郎他:1954年)・・・①
  3月29日:生きる(志村喬他:1952年)
  3月30日:天国と地獄(三船敏郎他:1963年)
        用心棒(三船敏郎他:1961年)・・・②
  3月31日:赤ひげ(三船敏郎他:1965年)
        椿三十郎(三船敏郎他:1962年)

 黒澤監督作品はこれ等の他にも多数ありますが、いわゆる娯楽作品の中では、自分は①が同監督最高傑作、②がその次と受け取っています(それぞれが世界最初のシナリオ・コンセプト)。

 実際、①と②は何回観ても面白いし、その面白さは世界共通で、その証拠に共に海外でリメイクされ、大ヒットしています:

 ① "七人の侍" ⇒(日本公開6年後)⇒ "荒野の7人"
  (ユル・ブリンナーの他、当時の米TV映画主役級俳優陣:1960年)・・・③

 ② "用心棒" ⇒(日本公開3年後)⇒ "荒野の用心棒"
  (C.イーストウッドの実質映画デビュー版:1964年)・・・④


 ③はテーマソングと共に大ヒットし、常道通りに
   第2弾(ユル・ブリンナー:1966年)
   第3弾(ジョージ・ケネディ=
           "人間の証明" でNY市警刑事役でお馴染み:1969年)
   第4弾(リー・ヴァン・クリーフ=
           荒野の用心棒続編でC.イーストウッドと競演:1972年)

迄、続編が制作されました(主人公のみ継続され、類似ストーリー)。

 ③では、スティーブ・マックイーンも出ていましたっけ。
 懐かしい限りです(確かな記憶ではありませんが、昨年、BS**(?)で放映されていた?)。

 最近、原題名:"マグニフィセント・セブン(The Magnificent Seven)" と銘打って、デンゼル・ワシントン主役で再度映画化されていますね。
 いつもの事ですが、日本公開時のタイトルは、もう少し気が利いたものにならないのかなぁ・・・と想うのは自分だけでしょうか?

 ④は、初めは "マカロニ・ウェスタン" と揶揄され、欧州で評判になっていて、米国での公開はその数年後だったらしいです。
 TV 西部劇 "ローハイド" では名が知られていましたが、偶然に主役を掴み、これがC.イーストウッドのハリウッド凱旋きっかけとなったもので、余りにも有名です(*)。

   (*) 拙ブログご参照:"20170119:C.イーストウッドの事"

 音楽も大ヒットしました。
 ストーリーは②そのもの。
 ハリウッド製ウェスタンとは味わいが違い、評判を呼び、以後たくさんのマカロニ・ウェスタンを生みました。
 ④には②のクレジットも何も無く、版権を持っていた東宝が裁判に持ち込み勝訴しています。

 その頃は著作権の意識等がイタリアでは薄かったか、或いは精々国内(=イタリア)で話題になるだけで世界的ヒット等想定していなかったのが、想定外となり "見つかってしまった" のかも知れません。

追記:
 これからは
   ガンマン ⇒ ガンパーソン
と表記しなくていけない?


共通テーマ:日記・雑感

20170410:"ゴルゴ13" が外務省に出没 [気晴らし事]

 さいとうたかお氏描くところの "ゴルゴ13"(G13)が外務省ウェブサイトに "特別出演" し、海外進出する中小企業向けに安全情報の取得やテロ等治安対策への心得を説いていて、話題になっていると聴かされました(いつもの居酒屋で飲み友から)。

 確認しました。
 外務省も味な事(?)をやるもんですねぇ。

 G13シリーズは我が愛読書の一つであります。
 “鉄腕アトム” とは住む世界が違い過ぎて比べようもありませんが、よくぞこの様なキャラクターを想い付き、生み出したものと、ほとほと感心致します。

 掲載誌そのものは見ていないのですが、現役時代は出張の帰りに単行本を買い求め、新幹線車中での楽しみの一つでした(恥ずかしくもなんとも想わない)。
 既に180巻を超えています。

 G13マニアは相当数にのぼり、多数の方が加筆参加している WikiPedia では微に入り細に入った、事細かいトピックスが網羅的に紹介されています。

 デビュー当時のG13はトレンチコート姿で、程ほどにしゃべったり、数は極めて少ないですが笑うシーン("檻の中の眠り"_1969年3月作品 & "黒い熱風"_1969年5月作品)もありました。

 また、他人に利き手を預ける形の握手はしない事はよく知られていますが、フリーにすべき右手でアタッシュケース("ラオスのけし"_1971年2月作品 & "殺しの紋章五竜爪"_1974年3月作品)とか、バッグ("チャイナ・タウン"_1978年4月作品)を持った例外もあります。

 自らの素性を探ろうとした作家の存在は許さないのですが、騙されて採取された血液からの遺伝子分析によって彼の出自は "日本" 又は "バイカル湖周辺" と推定され(:"血液サンプルG"_1993年8月作品)、当然の事ながら分析者はスパコン共々消されました。

 デビュー当時と最新作品を見比べると、明らかにストーリー構成や画風が異なります。
 話の筋道を構成する専門家を抱え(いつ頃からか、原案者名が記録される様になっています)、また描き方も、さいとうたかおさん本人とはニュアンスが大分異なる(特に女性の描き方が全く違う)ので、担当者も変わってきているのでしょう。

 高倉健さんと千葉真一さんが扮した映画もありましたし、極端に動きの少ないアニメが TV東京や TokyoMX で放映された事もありました(声:舘ひろしさん)。
想いで深いなぁ・・・

 原作者によれば、最終話は既に完成しているそうですが、デビューから半世紀程も経っているものの、もちろん歳をとる訳ではなく、最近ではあろう事か、我が国の外務省に出向くとは・・・

 果たして自分はG13の結末を見届ける事が出来るのだろうか?
 気になるところであります (>_<)

 自分が "その間際" になったら、そっと見せて貰えないかなぁ・・・
 無理か?


共通テーマ:日記・雑感

20170303:ローマの休日・・・見逃しました! [気晴らし事]

 過日、貯まった新聞記事の切り抜きをしていたら、二週間以上前、2月14日に "ローマの休日" が放映されていた事に気がつきました(NHKBS)。
 見逃した!
 何か最近この種の昔の映画が放映されているなぁ・・・

 1953/54年公開(米国/日本)ですから、自分も封切り(所謂、"ロードショー" の事です)は観ておらず、今は無い "人生座@池袋(東京)"(3廻り目、或いは割と真面な映画を特集して2~3本同時上映) 辺りでか、昔々 TV で観た事がある程度でした。
 自分以上の年配者の映画ファンには大変人気があり、NHKのど自慢の司会を長い間務められた宮川泰夫アナは、「見終わって涙が・・・」 と語っていた事がありました(記憶違いで無ければ・・・)。

 善人ばかりが織りなすたわいの無い筋で、A.ヘップバーン演ずるどこかの王国の王女がイタリアを表敬訪問した折り、宮殿から抜け出し、G.ペック演ずる米国通信社特派員にローマ市内を案内され、禁断の淡い恋が漂うと言う、"のどか" なお話でした。

 アフリカで宗主国からの独立が盛んになったのは、また米国で人種問題が顕在化したのも1960年前後からでしたから、当時は今の様なテロも無く、伸びやかな時代だったのでしょうか。

 今ではこう言うお話はあり得ませんねぇ・・・と想っていたら、スマホには恋愛シミュレーション・ゲームがあって、"スマホ世代" が使いまくっているそうです・・・と、自分より遙かに若い飲み友から聴きました。

 本物の恋愛の前に練習しているのか? それとも都合の良い筋にして夢を観ているだけなのか?
 自分の世代、少なくとも自分にはとても信じられず、居場所がとてつもなく狭くなった感じでした!


共通テーマ:日記・雑感

20170225:"酒場放浪記" 考 [気晴らし事]

 BS_TBSで毎月曜日夜放映されている "酒場詩人" 吉田類さんが案内する全国津々浦々の居酒屋模様。
 お酒好きには楽しい番組で、先の大晦日夜には、熊野古道沿いに自然・寺・居酒屋を楽しそうに紹介されていました。

 自分が通っている居酒屋主人は "営業中なので観た事無い" と言っていますが、吉田類さんは "超中年酒飲み男子のアイドル" であります。

 実に多才なお方の様で、居酒屋を後にして披露する俳句もやれば、ジャズを歌い、随筆も書かれる。
 NHKラジオ深夜便にも自分のコーナーをお持ちで、酒でつづる日本の旅を語られている。
 今度は映画にも出演されるそうです(NHKラジオ深夜便:2月12日)。

 一つだけ気になる事が・・・
 お刺身を召し上がる時、醤油浸け過ぎです。

 自分がかって宮崎に伺った時、こちらの醤油は甘く、刺身の醤油皿は底がとても深い。
 "どっぷりと浸けて食べるのです" と教えられましたが、類さんはご出身が高知。
 同じ習慣なのだろうか・・・といらぬ心配事です。

 番組では一度自分の住む横浜市郊外の居酒屋を訪問された事がありました。
 鶴見川からそう遠くない所にあり、二階では若手落語家の噺会が催されていました。
 自分の家からは遠過ぎて行けそうにありませんが、いつかどこかで "追体験" したいものです。


共通テーマ:日記・雑感

20170223:久しぶりにプレスリー [気晴らし事]

 過日、通り一遍で良いから AI についての最近状況を知ろうとして(NHKEテレのサイエンス・ゼロ等を狙って)YouTubeで検索していたら、何かの拍子に E.プレスリーが出てきました。
 余程のキーボードの打ち間違いをやらかしせいか(酔っていたせいかも? (>_<) )。

 デビュー当時からの映像が残っているから凄いです。
 自分の世代より若手は Beatles でしょうが、自分は ”断然プレスリー” です。

 今でもドライブの時聴くのは CD や USB に収めたプレスリーか、所謂オールディーズと言うヤツが多いです(因みに和製プレスリーと言われた佐々木功さんも自分と同じ世代 ← ご存じない方の方が多いか?)。
 いい歳してカラオケもこの手のものが多いです。

 CD版ではほぼ全ての曲を持っていますが、ドーナッツ盤、つまりはシングル盤レコード( ← お若い方々はご存じないかも?)も何十枚と、EP&LPも十枚以上を押し入れの奥に正座させて仕舞っています(彼のレコードは手放せない)。

 最近、アナログの音の優しさが再認識されてレコード盤に向かう人が多いとか。
 拙宅には何もお宝と言えるものはありませんが、手塚治虫さんのデビュー後間もなくのゾッキ本(復刻版ではなくオリジナル版!)と100枚を超えるレコード盤が何れはそうなるかなア・・・とも。
 期待してます。


共通テーマ:日記・雑感

20170218:"路線バスの旅" 考 [気晴らし事]

 TV 東京で年に2~3回程放映されていた "ローカル路線バス乗り継ぎの旅" は、この1月2日放映の第25回を持って終わってしまったが、面白い番組でした。
 特にリーダー太川陽介さんの蛭子さんと毎回のゲストマドンナを相手にしたリード振りが良かったです。
 最終回(会津若松市⇒秋田県由利本荘市)では、ラーメンにつられて喜多方へ行ってしまう最初の選択が致命的なミスとなって3泊4日でのゴールに至りませんでした。
 冬場、路線バスがつながらずに10kmを超える道路を歩くのは大変です。 お歳からも蛭子さんには辛かったに違いないでしょう(自分にはとても歩けない)。

 観ていて想うのは、自分が知っている土地やドライブした事のある道路が出てきた時、「あぁ~! そっちじゃ無いッ!」 と思わず力が入ってしまうのも楽しい番組でした。
 また逆に、やらせ等シナリオがあっての番組では無い事も解った次第です。

 今では似た様なバス旅番組が大流行の様ですが、成功した時の太川さんの笑顔が観られなくなって、終わってしまったのが残念です(因みに自分は彼のアイドル時代の "ルイルイ" は知りません。 時々番組の中で出てくるのですが、何のことから解りませんでした)。


共通テーマ:日記・雑感

20170212:"ブラタモリ" 考 [気晴らし事]

 毎週土曜夜、NHKTV総合で放映されている "ブラタモリ" はお気に入りだ。 最初は都内の坂や崖等を中心に、地形の由来と人の歴史を織り交ぜたものだった。 一昨年辺りから都内を離れて日本各地を巡るシリーズになっている。 この間は "別府" だった。
 記憶に残っている所の一つに "熊本城" がある。 確か2016年3月の放映で、翌月のあの大地震で被災を受けてしまった。 熊本市、水前寺公園、お城へは数回伺った事が有り、また自分の父が佐賀出身で "半分は九州の血" のせいもあって心の痛みが未だに続いています。
 殆ど欠かさずに観ていて感心するのは、タモリさんの地理・地勢に関する豊富な知識と健脚だ。 富士山頂迄を極めたので、恐らくは金比羅さんの千段を超える階段も登りきったのだろう。 羨ましい限りの健脚だ。
 彼はこの番組を本当に楽しんでいるのでは・・・と想う。 他局の番組では見られない笑顔で、心からの感じだし、パートナーの女性アナ(今は近江アナ)との掛け合いにも結構気を遣っている様に見える。 彼女は三代目で、"ゆとり世代" との事だ。 "円周率" を何桁迄覚えているかで解るとタモリさんに指摘されていた。 また草彅さんのナレーションも明るく、とても聴き易い。
 自分がかって住んだ事のある地域とか、現役の頃出かけた、或いはゆかりのある地方等は特段に興味深く、改めて思い知らされる事も多い。 観るのが楽しみで、自分の世代には同じ様な飲み友が多数いて、良く話題になります。
 はてさて、どういう基準で訪問地が選ばれているのだろうか。 タモリさんの好みでしょうか?


共通テーマ:日記・雑感

20170119:C.イーストウッドの事 [気晴らし事]

 18日夜、BS日テレで懐かしい西部劇が放映されていた。 ”奴らを高く吊せ!”(1968年)。 C.イーストウッドがマカロニ・ウェスタンと揶揄されたイタリア製西部劇3本("荒野の用心棒"(1964年)、"夕陽のガンマン"(1965年)、"続・夕陽のガンマン"(1966年))の成功によりハリウッド西部劇主演を果たしたもので、まさに "Old West Action"(C.Eastwoodのアナグラム←出所:Wikipedia_Ver.20170111)、思わず録画。 TVでの放映は本当に久しぶりだ。
 C.イーストウッドは、同年に "マンハッタン無宿(監督:D.シーゲル)" にも主演。 田舎の刑事役でNYで馬鹿にされながらも活躍する。 その後、同監督等と組んだ1971年以降の "ダーティ・ハリー" シリーズの世界的成功でスーパースターの地位を占め、数多くの映画に主演、監督作品も多い(最新作は "ハドソン川の奇跡"(2016年))。 自分としては "バード"(1988年)が好みだが、自分を含めて同年代諸兄姉にとっては、TV西部劇 "ローハイド" のロディ・イェイツ役が懐かしい筈(ちなみにローハイド全作品はYouTubeで公開されています)。 カーボーイ姿で羽田空港に降り立った(1962年2月21日)ニュースを良く覚えている。 大変な人気でした。
 本年、御歳86とか。 これからも元気で記憶に残る映画を制作して下さい(年代等の確認に Wikipedia を参照しました)。


共通テーマ:日記・雑感

20161210:"プレバト" 考 [気晴らし事]

 恐らくは "プレゼンテーション・バトル" の略と思うが、横浜の地ではTBSがほぼ毎週木曜日19:00時より放映するバラエティ番組の事で、"浜ちゃん"(ダウンタウン:この二人の才能には感心)の絶妙な司会で、ゲストとなる著名人が俳句・料理の配膳・調理・活け花・水彩画・その他諸々に取り組んだ結果をプロの方が審査して順位を競う。
 文系の才皆無の自分にとっては全てが物珍しく、感心するばかりだ。 が・・・それなりに見馴れ、理解し始めると、"?" と思わずにいられない出来映え・採点に出くわす事も多くなった。 まず人気の俳句。 見始めの頃は感心するばかりで、しばらくすると新聞文芸欄に掲載される読者が投稿し採用された俳句の欄も眺める様になった。 しかしプレバト俳句プロの先生の観点から見ると、どう見たって凡人、或いは才能なしの判定だとしか思えない様なものも堂々と掲載されている。 その内、審査とは、審査する人の "哲学" 次第で、悪く言えば "独りよがり" ともとれる事に気がつく様になった(家内からは "当たり前" と言われています)。 毒舌先生と揶揄されていても、その独りよがりとしか思えない指摘がまかり通るだけの才があり、認められた方なのだろう。 うらやましい限りだが、これに気がついてからは番組を観るのはやめた。
 出来上がった料理の配膳具合を審査するコーナーもある。 審査するプロの方の指摘は納得する事が多いが、残念な事に先生の歯が見栄えしない。 薄汚れている様に見えて良くない。 真っ白とは言わないが、今よりは白くしてほしいものです。


共通テーマ:日記・雑感

20161206:頭の体操_フリーセル奮戦 [気晴らし事]

 "ボケ" 防止を信じて "フリーセル(FC)" に挑む事を日課としている。 FCとは、パソコンOSである "Windows" に標準装備で、つまり断りなしに複数搭載されている一人カードゲーム("ソリティア" と言うとか)の一つ。 自分の場合はXP以降で取り組んでいる。
 13×4=52枚のカードを8列にランダムに並べ、4個のフリーセル(画面上左にセット)を利用しながら4個のホームセル(画面上右のセット)にエースから順番に揃えていく。 カードの初期状態はゲーム開始時に1番から10万迄(:裏技があって10万を超える事も可能だとか)の擬似乱数で決まっていて、番号を指定すると同じゲームが何回も出来る。
 初めのうちは結構手強いが、要領が解ってくると勝率が上がる。 ゲームに慣れてからは、エクセル表にゲーム番号毎の勝敗を記録している。 どうしても勝てず、連敗が続くゲームもあり、現在の勝率は80%程度(数年がかりで、総ゲーム数は凡そ1万回程度)。
 最近、ほぼ全てのゲームの解答がネットで公開されていることを知った。 奇特な人もいるものだ。 またコンピュータによるシミュレーションもされているようで、解法が見つかっていないゲーム番号が公表されていた。 シミュレーションの限りで見つかっていないだけで、解が無い証明はどうすれば良いのだろうか。 天才的数学者を待つ他、無いのか・・・


共通テーマ:日記・雑感
気晴らし事 ブログトップ