So-net無料ブログ作成
検索選択
電脳サイエンス考 ブログトップ

20170622:“HITAC5020” 時代から今を観て・・・ [電脳サイエンス考]

 日立製作所が大型汎用コンピューター、いわゆるメイン・フレームのハードウェア開発を取りやめ、IBM社製マシンに自身のOSを搭載して事業継続を計るそうだ(出所:日経紙2017年5月24日)。

 メイン・フレームは超大量のデーター処理が出来る "最も信頼できるコンピューター" として、官公庁や大手企業の基幹システムに採用されており、国内では富士通が凡そ1/3、次いでIBM社が1/4、NECが1/5を占め、今や日立は後塵を拝して1/6強に留まっている様だ。

 コンピューターが高機能化の一方、小型化され、ネットで繋がり、クラウド運用が普及した結果、メイン・フレームの市場規模が国内外で縮小している事への対応との事でした。

 冒頭の報道を知って想い出したのですが、自分が始めてコンピューターを使い始めたのが名機と言われた "HITAC5020" ( ”ハイタック・ゴー・マル・ニイ・マル” )で、日立が科学技術計算等を念頭に開発・製作し、東大(@文京区本郷)の大型計算機センターに1966年前後に採用された初代機で、国内では京大、NTT(当時は電電公社)に次いでの導入だった(IBM社製にするか、国産機にするか、激しい競争があったとの事は後で知りました)。

 このセンターは全国大学共同利用施設となっていて、国公私立の区別なく理工系大学生等はそこで使用言語(フォートラン)を習い、自らプログラミングして技術計算をしていた。

 当時は一枚のカードに一行分の命令文を打ち込む方式で、そのパンチング・マシンも空くのを待っての作業だった。
 規模の大きい計算では千枚を軽く超えるパンチカードを専用の段ボール箱に納めてセンターへ預け、数日後に訪れてカードと共に計算結果を打ち出したB4版前後の紙面の束を受け取る。

 プログラムミス( "バグ" と言ってました)があると、その旨を伝える数行のコメントが打ち出された紙一枚!で終わり。
 これを数回繰り返してプログラムを完成させ、ケース・スタディを積み重ねる。
 "先端の取り組み" をしている割には、その作業はバッチ式で、効率は低く、今の様に居ながらにしてモニターを眺めてオンタイムで作業するスタイルは大分後になってからです。

 その日立がメイン・フレーム自体の開発から撤退すると言う。
 今や科学技術計算はスパコンを手軽に利用出来る時代だし、技術計算プログラムも数多く開発・公開され、共同利用される様になり、シミュレーション環境は格段に整備されている(*)。
 (*)ご参考:
   “20161205:”国内最速スパコン稼働へ” の記事を読んで・・・“

 ハードウェアとソフトウェアに恵まれた環境下では、シミュレーションのベースとなる "計算モデル" の良し悪しが結果の質を決める。

 と言うのも、経験から申し上げますが、全く同じソフトウェアを使っても計算モデルの立て方で結果は大きく異なるのが普通だからです(:計算モデルを組み立てる研究者に何が必要なのか、機会を改めてブログ致します。経験論に過ぎませんが・・・)。

 大量のデーターベースを背景に、機能性材料の計算設計の可能性も高まり、素材メーカーの取り組みも本気モードらしい。

 競争相手は米国に限らない。
 今では中国や韓国も手ごわい実力を持ってきており、日本勢の成果を期待するばかりだ。
 決して負けてはならない! 若手研究者諸君!!
 "モノ造り日本" で居続けられるかどうかは、貴方達次第だ。

追記:
 中国も韓国も “オープン・イノベーション” が進み、米国や欧州大学等の研究開発機関との連携でコンピューター利用技術の完成度を高める事に余念がないと言われている。

 何でも “自前主義” がお家芸だったわが国の製造業も国際協業へ進まざるを得ない程、技術革新の速度は速い。
 経営陣の誤りのない判断を祈りたい。
 東芝の様な大企業でさえ経営判断の誤りは企業自体の存続を揺るがしている。
 背景には3.11以降の原発事業の位置づけに関して、GE(ゼネラル・エレクトリック@米)とシーメンス@独は縮小・撤退の方向へ、東芝は中核事業に固持した事が指摘されている(:出所:日経紙2017年5月5日付)。
 今では東芝と海外勢との差異は絶望的な程にも広がってしまっている。
   ご参考:”20170330:原発の行方”

共通テーマ:日記・雑感

20170502:3Dプリンターで再生医療 [電脳サイエンス考]

 “物づくり” を革命するとも言われている “3Dプリンター” の再生医療分野での活用が始まろうとしているそうです。

 3Dプリンターとは、3次元(縦・横・高さ)の設計図を基に、コンピューター制御の下で樹脂や金属を少量ずつ積み重ねながら立体構造物を成形加工していく装置の事。

 直ぐにも思い付くのは立体地図とか立体模型等ですが、既に様々な部品やフィギュア等の精密かつ少量の試作や生産、海外では複雑形状の家具等の生産に活用され始めている事は知っていました。

 ところがこれが医療分野へ活躍の場を広げていると言うのです。
 皮膚の細胞から人体組織を作製した横隔膜治療(福岡大学等)、皮膚の立体構造を精密に再現した潰瘍治療(東京大学等)、骨髄細胞から組織を作製した膀胱治療(信州大学等)等が研究されていて、その成果が期待されている様です(出所:日経紙:2017年4月17日付け ”3Dプリンター 再生医療に活用”)。

 自分は理工系の人間なので、物づくりの観点からしか3Dプリンターを捉えていませんでしたが、この様な展開があるとは思ってもみませんでした。

 将来、タンパク質や細胞自体から神経とか、血管、更には臓器の再生が可能となる時代が来るかも

 これ等の難病を患っている若手の方々への治療の切り札になるなんて、夢でなくなる・・・そうなればいいなぁ・・・


共通テーマ:日記・雑感

20161205:”国内最速スパコン稼働へ” の記事を読んで・・・ [電脳サイエンス考]

 日経紙(2016年12月1日付け)によれば、富士通が開発・制作したスーパコンピューター ”オークフォレスト・パックス” の稼働が2017年4月から本格化するらしい。

 演算速度は2京5千兆回/秒で、”京”(理化学研究所設置)の2倍相当。
 使用者は東京大学+筑波大学で、東大柏キャンパス(柏市)内に設置し、大学・企業の研究開発に活用されると言う。 

 制作費+5.5年リース料は凡そ72億円(≒13.1億円/年≒1.1億円/月≒360万円/日)で ”京” の1/10とか。
 商業生産されている演算処理部品を活用して効率的な演算回路を設計・開発した成果らしい。

 演算速度は速いに超した事はないが、問題はそれを利用する中身だ。
 演算はプログラムによって実行され、プログラムは人間が書き下す。
 演算速度を速くするプログラム上の工夫はもちろん重要だが、最も重要なのは何を演算するのか、その対象と演算論理であり、その論理の土台となるモデルそのものだ。

 モデルの改良・完成度を高めるに当たって演算速度の向上は天気予報の精度や自然現象のシミュレーション等の分野では効果的であろう。
 が、新たな機能の発見やそれに基づく素材・薬物・医療設計等、経験値を最大限活用する AI との連携技術に飛躍が求められ、そこには独創力豊かな人知が求められる、と考える。

 海外産の商用ソフトウェアをそのまま導入・使用して、新たな素材や薬物設計を意図しても、自然科学への理解が深く無ければ無駄な計算を繰り返しているだけ・・・の様な風景を数多く観て来た経験から、こう思わずにいられない。

 独創力豊かな研究者が、予算に縛られる事無く自由に使い、画期的な成果が生まれる事を期待したいが、公用施設利用の際には ”既定概念豊かな” 審査陣が立ちはだかっているのが普通なので、これも課題だ。

共通テーマ:日記・雑感
電脳サイエンス考 ブログトップ