So-net無料ブログ作成
検索選択

20170612:”温暖化” ではなく、”灼熱地獄化” [雑感]

 人類の活動が二酸化炭素排出量を限りなく増大させ、地球温暖化を加速させている・・・と信じられている。

 ”信じられている” とするのは、世界中のそれなりの学識者が集まって検討したが、科学的に100%証明した訳ではないものの、これ以外の原因が特定出来ないから。

 だからといって彼らの提言を無視して、これ以上の温暖化の加速を防ごうとする国同士の約束事をいとも簡単に反故にする米国大統領は、後生の米国史で 「***した大統領」 として記録されるだろう(何でも金勘定する大統領だ。お気の毒に・・・)。

 自分にも、この地球温暖化説を否定し、二酸化炭素の排出に無関心な旧友がいて、単科ではあるがそれなりの歴史を持つ私学の学長まで勤め上げた人物だが、自説を曲げない。
 それならその説を学会とか専門誌で発表したら・・・と勧めても、論文として仕上げる程の体系化した論旨ではなさそうで、投稿はしないと言い、どうせ今は間氷期であって、100年~200年先になったら氷河期が来るとうそぶく(これさえ無ければ良い奴なんだが・・・)。

 これ程ではなくとも、温暖化に無関心な省庁もあれば、国民も大勢いそうだ。
 温暖化にしろ、生物多様性にしろ、事務作業レベルの実務者が集まる国際ワークショップの席では、どちらかと言えば ”日本は無関心” との位置づけと聴いた事がある(担当の中央省庁側で全権を与えないレベルの役人と外郭法人部長級が派遣される例が多く、積極的な発言が出来ないかららしい)。

 一方、1990年代の頃から工業的に重要な金属の資源としての枯渇危機に警鐘を鳴らしていた某大学教授は、2005年頃には地球温暖化について、
  ① ”温暖化” と言うネーミングが悪い。
    これではむしろ生活環境が快くなる感じさえ与えかねない。
    実際には、 ”地球灼熱地獄化” の方が正しい。

  ② いろいろな対策が打てても、既に引き返せるぎりぎりの所まで
   来ているのかもしれない

と指摘されており、それから10余年たった今、もう引き返し可能な期限を過ぎているのだろうか。

 それなりのお立場のあるお方だったから、本音は言えないだろうが、そっと聴いてみたい。

因みに:
 明治初期の関東地区の気温は今の仙台地区の気温程度だったと聴いた事があり、TVの天気予報で示される東京・仙台の気温を見比べると、150年程でこんなにも気温が上昇したんだと思い知らされる時があります。

共通テーマ:日記・雑感

20170521:ヘレン・メリルさん 引退・さよなら公演 [雑感]

 ジャズは特に聴き込む事はありませんが、ヘレン・メリル女史の名前と、代表曲ともされる名曲(*)、それに “ニューヨークのため息” と言われたハスキー・ボイスの事は知っています。
  (*) You'd be so nice to come home to

 行きつけの飲み屋常連の中に、不思議な事にジャズ好きの方がいて( ← 飲むのは専ら蒸留酒系の何とか割り)、教えて貰いました。
 1930年生まれ、今年の7月で87歳、引退宣言をし、”さよなら公演” をこの連休前、4月19-21日の3日間、“ブルーノート東京” で行ったとの事。

 この常連の方は公演には行けなかったそうですが、その様子がブルーノート東京のウェブサイトで公開されていて、それを観て感激したそうだ。

 想い出して調べたらここ:http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/heren-merrill/ で一部が公開されていました(残念ながら今は削除されて居るようです)。

 彼女は1960年代に日本に住んでいた事があって、日本のジャズ・プレーヤーとの共演もあったそうだし、自分は知らなかったが、ビートルズやプレスリーの持ち歌のカバーも出しているとの事でした。

 5月12日付け日経紙夕刊文化面で彼女の紹介記事があって、さよなら公演に駆けつけた満員の聴衆に向かって 「また天国で会いましょう」 と語りかけたそうです。

 何と “日本的” な!
 常連はこの一言を聴けなかった事を大変悔やんでいました。
 その気持ち、何となく解ります。

共通テーマ:日記・雑感

20170514:高速道大渋滞 [雑感]

 今年の5月連休でも全国各地の高速道で数十キロも続く大渋滞が繰り広げられていた様です。 
 旧盆暮れ/年明けの期間でもいつも同じで、これはもはや “風物詩” の感がします。

 今の自分は、殆どの毎日が連休に近いので、高速道を利用するとしても普通のウイークデイで(とは言っても遠出は余りしなくなりました)、本物の連休期間は現役の方々へ譲っている形で、TV で流されるニュースを観て、家内と
  「渋滞と解っていても出かけるんだよね」
  「結構楽しんでいるのよ」

と頷き合うのです。

 現役の頃は自分等も大渋滞を承知の上で遠出したもので、当時はそれ程の苦に感ずる事も無く、今では懐かしい想い出になっています。

 今、現役の方々で大渋滞に巻き込まれていて、ヘトヘトニなって帰る羽目になったとして、もう二度と・・・なんて思っていても、次の機会にやっぱり出かけるのです、たぶん・・・

 後になって良い思い出になりますよっ!

追記:
 空いているからって、“路肩走行” はいけません
 大昔ですが、一度、東北道で路肩走行車の前後に大型作業車が立ちはだかり、挟み込んで身動きさせない場面を見た事があります。
 挟まれた車の運転者は青い顔をしていました(結局路線を守っていた私等が脇を追い抜いて行ったのです)。
 あれからどうなったのかなぁ?・・・ニュースにもならなかった様だったし・・・


共通テーマ:日記・雑感

20170221-3:PET ワイン [雑感]

 22日は終日外出するので、21日の内に先出しします。

 最近、PET ワインが目立ち始めています。
 PET とは、あの "ペットボトル" の "ペット"(ポリエチレンテレフタレート)の事です。
 風味を何より大事にする筈のワインですら、PET ボトルが使われ始めた訳です。

 本来 PET 樹脂は食品等の包装に使われているポリエチレンやポリプロピレンよりも水分や空気を通しやすい樹脂なのですが、透明性が格段に高いのでボトルとしての需要が高い様です。
 恐らくは特別の細工をして空気や水の流通を妨げているのでしょう。

 飲料や食品の包装材は一銭でも安く・・・が提供者側の要請であり、低価格帯ワインでは瓶から PET ボトル詰めになったのだと想われます(ボトル自体の重量も大幅に低減しますし)。

 瓶詰めでは定番であったコルク栓も、樹木の生長が需要に追いつかない事もあってアルミ等のスクリュー式へ切り替わっている銘柄も多いのですが、ボトル材質の切り替えはコストからの要請を反映したものでしょう(味気ないがコルク栓よりもスクリューキャップの方が扱い易い事は事実)。

 でも開栓した時、気のせいか(、多分そうなのでしょう)、ワインとは異なる樹脂臭を感じる場合がある気がしてならない・・・樹脂自体は本来臭気を持たない筈なので、ボトルへの加工性を稼ぐ為の成形助剤等の僅かな臭気でしょうか?

 少しばかり気にしながらもコスパ抜群の PET ワインを時には愉しみます。
 昔と違って最近のワインは出来が良いのが多い・・・と言うよりも、味わいの整え方が格段に上がっている様です。
 ブレンド技術の進歩恐るべし・・・です!

 因みに葡萄の種類名を銘打っているワインであれば、安くても最低線その葡萄本来の味わいが楽しめる筈なので、銘柄名と原産地確認を肝に銘じています。


共通テーマ:日記・雑感