So-net無料ブログ作成

20180405:内田康夫氏逝く [故人を悼む]

 既に追悼ブログが投稿されておりますが自分なりに。
 先の3月12日に逝去(訃報記事は2018年3月19日付け各紙だった)。
 享年83歳。

 何と言っても放送局同士が競うかの様な "浅見光彦" シリーズが有名だ。
 他に "信濃のコロンボ"(原作題名:竹村岩男)シリーズもある。

 各地に伝わる伝説を絡めた事件の扱いが極めてTV向きドラマに仕上がっていて、ファンが多い様だ。
 旅と伝説のルポライターとして各地を巡る中で殺人事件に遭遇し、首を突っ込むと地元警察から睨まれ、時には拘留もされてしまう。
 が、身元が警察幹部の実弟と解ったとたんにヘイコラする急変の様子が例の "水戸黄門の印籠場面" と同じところも高視聴率の由縁かも?
 これはこれで如何にも一つの "和風ミステリー" ではなかろうか(勿論、観光名所を一巡りする海外ミステリーもある)。

 光彦を演じた役者さんも多数いて、今でもBSで大昔のシリーズが時に放送されている。
 兄が警察幹部、生活に苦労のない良家の次男坊の身分だから、自然と "育ちと品" の良さと "生活苦を知らない甘っぽさ" が醸し出る役を演じなければならない。
 網羅的に観た訳ではありませんが一番は "榎木孝明" さん、次いでシリーズ最多出演の "中村俊介" さんだと自分は感じている(何と、こちらのシリーズでは榎木孝明さんは光彦の兄役だ)。
 一番遠い存在は今や杉下右京役だ(肝心の "品格" がなぁ・・・ファンの方申し訳ありません m(_ _)m )。
 以上は独断に過ぎません(あしからず)。

 中村俊介版光彦シリーズは、先月29日放送:"浅見光彦殺人事件"@フジTVが最終となっていて、これは原作自体は少々複雑な筋書き(別立て2事件の知識が前提になっている)が、ドラマではどうかな(実は録画しっぱなしで観ていないのです)。
 病気療養中との事で、小説版光彦最後の事件では解決編を公募する事で話題になり、自分もブログした事がありました(*1)
 ご冥福を。
-----
ご参考(自分のブログです):
 (*1)“20170412:名探偵・浅見光彦” さん最終話完結編は公募らしい


共通テーマ:日記・雑感