So-net無料ブログ作成
検索選択

20170810:"油揚げ" 二題 [食]

 モノの本によると (*)、京都の方々は殊の外に "油揚げ" がお好きとか。
   (*):麺's CLUB編:
     "ベスト オブ 蕎麦 IN POCKET", pp.189, 第一版, 1992年4月10日
      (文藝春秋社)

① つまみ:
 自分もよくお酒の "つまみ" に致します。
 納豆を挟んだ奴(*2) とか、現役の頃、関西出張の折に経験した飲み屋さんの出し物が好みです。
  (*2):こんなブログした事がありました:"20170601:納豆"

 こいつは、フライパンで少し焦がす程度に加熱して細切れとし、細かく刻んだ九条ネギを加え、オカカをまぶし、ほんの少しだけ醤油を垂らして味付けしたものです。
 実は先程もこれをつまみにやったところです(本ブログは8月6日夜に作成)。

 素人の自分でも簡単に出来るし、また行きつけの居酒屋ご主人が黙っていてもすぐにお通しの感じで造ってくれる程です。

② 麺:
 いなり寿司も勿論好物ですが、麺喰いの自分は、この夏場でも昼に "きつねうどん" を戴く事も多いのですが、どういう訳か "きつね蕎麦" はあまりない(そばの時は "たぬき" だなぁ)。

 冒頭の引用本によれば、"きつね" と "たぬき" は、関東と関西では "定義" が違うとあり、初めての時は文字通りに "面(麺!)食らう" に違いないけれど、今でもそうなのでしょうか?

 これは明らかに偏見に過ぎませんが、"麺は関東" との思い込みがあって、関西に出向いた折、戴いた事がありません。


共通テーマ:日記・雑感