So-net無料ブログ作成
検索選択

20170802:”出口調査” 初体験 [ただの私見]

 去る7月30日(日)に実施された横浜市長選挙で、例の "出口調査" なるものを始めて経験しました。
 自分が出向いた投票所では、全国紙 Y がアンケートと称して一枚物に印を付けていくだけ(:これがマーク方式という奴か)の至極簡単なものでした。

 自分が乞われたのは始めてでしたが、性別・年齢・支持政党・選考基準・誰に投票したか・・・等、勿論匿名記述ですが、これ等が即刻 WiFi を介して集計されて動向を見守っているんでしょう。

 何せ、市としては我が国最大の行政単位で、老朽化インフラの再整備・待機児童や昼食支給等子育て問題・カジノ導入是非等、課題山積みで、その上、首都圏直下/南関東地震等の対策も加わり、誰がなっても解決は遠い道程でしょうが、将来を託す児童が夢を持ち続ける事が出来る市行政を願うばかりです。

 その為には、自分の様な高齢者よりも若い世代の投票結果が "より高く評価される" 選挙方式が必要なんじゃないか・・・なんて想っています。
 "シルバー民主主義優先" では日本の未来は暗いと想うからです。


共通テーマ:日記・雑感