So-net無料ブログ作成
検索選択

20170605:将棋&囲碁 AI が勝ち続ける [素人 AI 考]

 先月末でしたが、各紙や TV で伝えられている様に、我が国で個人が開発した将棋 AI("PONANZA") が現役のプロ名人に2連勝し、また囲碁では,Google 傘下企業が開発した AI("Alpha-GO") が世界の頂点に立つ中国現役棋士に3連戦3連勝し(5月27日)、その上5名のトップクラス棋士が組んだチームにも楽勝したと伝えられています。

 既に AI が勝っても ”驚く事が無くなってしまった”

 期せずして AI と対戦した将棋界トップと囲碁界トップのお二人が "AI の実力" を素直に認めているのが印象的で、”事前に戦略・戦術を練っていたのに”・・・とのコメントも同じです。

 この結果は、人間相手の AI はいつでも最強の人から戦い方を学べるの対して、最強人間側は自分しか相手がいないから、考えようによっては AI の方が有利と言える。

 それに AI は過去の戦績・戦法を忘れる事は無いのに対して、人間側はうっかりする事もあろうし、なんと言っても ”新手” を考えるって事はエネルギーを使うから、疲れる。
 AI は通電されてさえいれば、何時までも疲れ知らずに休む事なく戦いに没頭出来る。

 戦う環境は AI 側に圧倒的に有利な訳です。

 将棋 AI と囲碁 AI の開発者は共に人間との対戦は今後しないと明言しているので、次の関心事は、AI は最強人間よりは必ず強くなる、その後、最強になった AI が、それ以上の戦略・戦術をどうやって身につける事が出来るのか、”強化学習” と呼ばれる方法でそれがどこ迄可能なのか・・・に移っていくのかも知れません。

 つまり、"お手本がなくとも AI は強くなれるのか" に関心が移ります。
 そこで磨かれた思考・情報処理技術の基本は、様々な形で人間生活のあらゆる場面で活用され、深層学習+強化学習によって完成度を限りなく高めていくのでしょう。

 AI が人智を超える時、それは "技術的特異点" と言われ、2045年とも予測されているそうですが、果たしてその日は来るのか・・・見届けたいものです。

 専門家の予測は外れる事も、或いはその方が多いので、以外に速くやって来て、見届ける事が出来るかも・・・


共通テーマ:日記・雑感