So-net無料ブログ作成
検索選択

20170604:カレーライス盛り付け論 [食]

 拙宅から丘陵を下って徒歩10分強のバス通りに小さなインド料理店があって、客のほゞ全てがそうなので日本人向けに味付けを工夫しているのだろう、結構流行っている。

 ごく普通の丸いやや深めの大皿に、ご飯を奥側、ルーを手前に盛った定番カレーライスがあって、複雑な香辛料が効いて大変美味しい。
 ルーにはジャガイモ・豆類が溶け込んでいて、肉は指定出来て、自分はチキン系だ。
 スプーンで食べる(*)。
  (*) あべしんさんブログ(2017年5月16日):
     “底辺生活:カレーはナイフとフォークで...”
    海の向こうではカレーライスはスプーンを使わず、ナイフ&フォークで
    食べるのをラジオで聴いた事をブログされています。

 ”奥側ご飯・手前ルー” の盛り付けだと、左利きの自分にとっても違和感なく味わう事が出来る(普段、箸とスプーンは左手を使います)。
  ご参照:“20170408:左利き”

 ところが、お店によっては、楕円型大皿にご飯を左側に、ルーは右側に盛ったタイプもあり、これは明らかに右利き向けの盛り方で、日本人の90%以上が右利きらしいから無理はないが、自分には不向きな為、以後は行かなくなる(180度回転して左右入れ替えれば済む話なんだけど、それはやりたくない)。

 和食の作法ではご飯と汁ものの配置は右利きを前提としているが、ライスカレーぐらいは右左区別なく食べやすい盛り付けにして欲しい・・・と願っています (^_^;)


共通テーマ:日記・雑感