So-net無料ブログ作成

20170414-2:ペギー葉山さんの逝去を悼む [故人を悼む]

 このブログコーナーでも何名かの方が紹介されていますが、ペギー葉山さんがこの4月12日にお亡くなりになりました。 享年83歳。

 履歴の詳細は WikiPedia 等をご参照戴くとして、自分にとっては、おふくろが例の "南国土佐を後にして" が好きで、よくラジオでこの歌が流れていると、じっと聴き入っていた事を想い出します。

 おふくろは鳥取県出身でしたが、倉吉の女子高を卒業して、何か伝手か縁があったのでしょう、上京して当時の逓信省に勤めていたそうで、"遠すぎて滅多な事では故郷に帰れなかった"。

 東京まれの自分には理解出来なかったのですが、"山陰とは違いながらも土佐は東京からははるか西方にあり、何となく近しい感じ" を持っていた様でした。
 現役の頃の自分等にとっては、ペギー葉山さんの "学生時代" は飲み会流れのカラオケで誰かしら必ず歌った記憶があり、次は必ず "森田公一&トップギャラン:青春時代" がお決まりでした。

 最近ですが、NHKラジオ深夜便で "おもいでの岬"(2016年10-12月)をぼんやり聴いた事があり、偶然でしたが、2016年11月6日の同番組で "芸の道輝き続けて" と題するロング・インタビュー、更にまたこの3月13日深夜3時からは追悼の番組を耳にしました(以上の期日・時間帯・題目の確認出所:NHKウェブサイト)。

 "おもいでの岬" はしっとりとした印象で、先になくなられたご主人(根上淳さん)の事を想いながらの歌だったのでしょうか。

 自分の好みは洋楽で、ペギー葉山さんの歌はどこか "海の向こうっぽい" 感じを受けていましたが、田辺靖雄さん(一般社団法人日本歌手協会・会長)が
   「 戦後日本に軽音楽を通じて、洋楽・ポピュラーソングのバターの香り
    私たちに教えてくれた大きな存在の歌手でした。・・・」
と讃えております(同協会ウェブサイトより)。

 黙礼。


共通テーマ:日記・雑感

20170414:日本酒 ⑥酒米いろいろ・日本酒いろいろ [日本酒]

 日本酒米と言えば、”山田錦” が有名です。

 中でも兵庫県産のものが国内生産量の60%を占めるそうで、"雑味が少ない酒米" として評判ですが、最近は日本各地で多様な酒米が開発され、地方色を打ち出す醸造元も現れ始めている様で、大変頼もしい:
   - 日本経済新聞:”酒米、地方色醸す”(2017年2月20日)
   - 同:”群雄割拠の酒米 妥当・山田錦へ”(2017年3月18日)

 自分は、好みに合う日本酒を味わう訳で、”酒米を選んでいる訳では無い” との想いが強く、地域毎・酒米毎・醸造元毎に特色ある味わいの日本酒が出回れば、その選択が嬉しい。 
 丁度、ワインの様に。

 ワインでは、同じブドウ品種でも栽培の年・産地・熟成期間・醸造者によりそれぞれ特色がある事にむしろ面白みがあるとされている位ですから、日本酒も “SAKE” として世界に展開していく上でも多様な味わいがあった方が好い筈だと想いますが、皆様はいかがでしょうか?

 雑味が無いから・・・と言う様な押し付けは、自分には “ちょっと・・・” といった感じです。
 とは言え、 “バナナとバニラの様な華やかなアロマ” 香の強いSAKE(*)はどう判断して良いのか、解りません。
  (*) ご参考 20170323-2:日本酒④米国酒?

共通テーマ:日記・雑感