So-net無料ブログ作成

20170404-2:AI ⑩ 将棋ではもはや "敵無し" ? [素人 AI 考]

 遂に将棋 AI が "現役名人" に圧勝!

 将棋電王トーナメント(:AI 同士の戦い)勝者の “PONANZA” が、将棋界トップとも言える名人位の佐藤プロとの決勝戦2番勝負の第1戦を圧倒的な強さを見せて勝ったそうです(主催:日本将棋連盟&ドワンゴ。2017年4月1日;4月2日付各紙)。

 将棋 AI とプロ将棋士との決戦は、これまでも AI の方が圧勝していましたが、今回は将棋界の現役トップを打ち負かした事になります(佐藤天彦プロは電王プロ棋士トーナメント戦であの羽生プロを破っての決勝戦進出。2016年度最優秀棋士賞受賞。若干29歳パリパリ現役棋士)。

 持ち時間各5時間・1日制とされた第1戦では、佐藤名人が5時間をフルに近く使ったのに対して PONANZA は1時間程しか使わなかったそうです。
 名人が熟考している間にも何千・何万にものぼる先の手筋を読んでいたのでしょう。

 さすがの名人も、持ち時間が迫ってくると “焦り” もでてくるのでしょうか。
 それに人間ですから AI とは違って “疲労” も手伝い、甘い指し手を打ったのかもしれません(何せ AI は電気さえ喰っていれば疲れ知らずなんだからなぁ。 待てよ・・・CPUが過熱してダウンする事もあるかも・・・)。

 残りの第2戦は5月20日だそうです。

 が、この結果にかかわらず、もはや将棋の世界において AI は、いずれは向かうところ敵無しとなり、より強くなる為に AI 同士で戦って新しい指し手を見出していき、人間の方はその AI に教わって、或いは AI と戦って腕を磨く・・・

そんな時代に入ったとの想いを致しました。
先のブログでほざいた囲碁 AI と同じですネ

だからと言って将棋や囲碁の魅力が無くなる訳ではありません。
下手は下手同士で、AI とは違って学習効果も無いけれども楽しいものです。

 PONANZA 開発者に敬意を表すると同時に、囲碁AI と同様に、ここで獲得した情報技術を幅広く、特に "ひらめく AI " の開発に向けて活用して戴く事を期待しております。


共通テーマ:日記・雑感

20170404:AI ⑨ "強い" 囲碁 AI [素人 AI 考]

 ワールド碁チャンピオンシップ(2017年3月21-23日。主催:日本棋院院、特別協力:日本経済新聞社)で、囲碁に特化した日本初の AI (人工知能)"DeepZenGo" が奮闘した模様です。

 このチャンピオンシップは、日本・中国・韓国からのトップ級プロ棋士各一名と DeepZenGoの "4者" が総当たり競う戦いで、 DeepZenGo は、過去一年間の深層学習の成果を披露する事に注目が集まりました。

  DeepZenGo は日本選手に勝ったものの、韓国及び中国選手には惜敗しました。
   戦績:
    韓国選手:3勝・・・優勝
    中国選手:2勝1敗・・・2位
    DeepZenGo:1勝2敗・・・3位
    日本選手:3敗・・・4位

 日本製 AI が日本選手に勝利し、海外選手に負けた事が興味深い様に想えます。
 DeepZenGo は日本選手同士の棋譜を読み込んで学習したのかも知れません。
 彼我で碁風の違いがあるのでしょうから、これから海外トップ棋士との戦いを繰り返す事によって "揉まれ" て、より強くなっていくと想われます。

 事実、開発者は 「強い相手がいる程、強くなる」(⇔強い相手から戦法を学ぶ) とコメントされているそうです("学んだ相手よりは強くなる"(?))。

 いつか、今もって日々強くなっている Google Deepmind の開発した "AlphaGo" との "AI 決戦" で新たな展開が生まれる事を期待します。
或いは、中国でも囲碁 AI :”FineArt(絶芸)” を開発しているとかで、DeepZenGo とのテストマッチを繰り返すと目覚ましい進歩、即ち、AI 同士の戦いから "人知の及ばない新手" が発見されるかどうか、とても興味深いのです。

 そこから開発される情報技術が "ひらめく AI" への路の開拓に繋がれば・・・と素人ながら期待するのです。


共通テーマ:日記・雑感