So-net無料ブログ作成
検索選択

20170402-2:一年寄りからの送る言葉 - 新しく社会人になられた方々へ [ただの私見]

 新年度に社会人として世に出る方々へ、解決困難な課題を数多く抱える現代と言えますが、ともかくは ”おめでとう”。

 これからのこの国を活かし、輝かせるのは貴方達次第です。

 その為にも、年寄りには年配者としての思いやりを抱く事は最小限程度にして、貴方達が活きていかなければならない先を冷静に観る事です。
 過去は大切ですが、貴方達が活きなければならないのはこれからの日本なのですから。

 技術革新に遅れる事無く冷静に判断し、受け入れるべきは受け入れ、既得権益には与せずに、何でも先送りする閉塞しきったこの国を切り開いて下さい。

 自己責任を強く意識し、誇りを持って逞しく生き、何回でもチャレンジ出来る社会へ変えていきましょう。

 そして、農耕民族DNA丸出しの "ムラ社会の知恵:なぁなぁ主義" ではなく、狩猟民族の様な戦略・戦術を身につけ、世界に羽ばたきましょう

 乱暴な言い方でしたが、心の底から期待しています。


共通テーマ:日記・雑感

20170402:"厩戸王" って誰? [ただの私見]

 文部科学省が中学校の社会学習指導要領で、"聖徳太子"(しょうとく たいし)を "厩戸王"(うまやど の おう)とする表記案を取り下げる模様です(3月21日各紙)。

 自分は、2月の公表時点で "厩戸王" を正しく読めず、"漢字の雰囲気" から "キリスト" の事かと家内に冗談を言った程です。

 第一、"うまやどのおう" としても ATO*や IM* 等のパソコンでお馴染み辞書のかな漢字変換で一発で出てこない!
 最新の研究成果を反映させた結果との事でしたが、辞書の方は間に合わなかった?
 時期尚早(?)だった様です。

 もう一つ感じたのは、国が新しい施策を立案し、予算化立てる際には "パブコメ"(パブリック・コメント=国民のご意見を拝聴)を実施するのが普通なのですが、これは通常、"アリバイ造り"("これこの通り、国民の皆様も賛成されているのですヨ")に使われているのが現実なのです。
 が、今回は異論・反論が無視出来ない程に多く、"目論見" が外れた格好です。

 こう言うこともあるのですねぇ
 正直、驚きました。
 役人側の完敗でした。


共通テーマ:日記・雑感