So-net無料ブログ作成

20170301-2:ミステリの連続殺人事件に関わる "お笑い一考察" ② [ミステリ三昧]

(続き)
 連続殺人と言えば、A.クリスティ女史の最高傑作(と想っています):"そして誰も居なくなった" も10名が孤島に集められ、次々に殺害されていくのですが、最後にどんでん返しが用意されています。
 場面が限られているので舞台とか映画向きのストーリーと感じています(パロディ小説もたくさん発表されていますネ)。

 刑事フォイル新シリーズ開始(2017年1月8日)に先だって昨年末に、NHK_BS日曜夜9時枠で放映されたイギリスの最近TV映画版がありましたが、自分には随分と前に制作されたR.アッテンポロー主演映画が記憶に残っています(確か1970年代前半)。
 孤島の代わりに砂漠の中の孤立したホテルでだったと覚えています。
 女優E.ソマーも綺麗でした。

 この映画の制作年代を確認する為に WikiPedia を訪ねたら、何と、TV_朝日があの仲間由紀恵さんを配してスペシャル番組:"そして誰も居なくなった" を制作中と紹介されていました(でも殺され役だそうです (>_<) )。

 原作をほぼ忠実になぞって、孤島には "猿島"(横須賀駅の沖合いすぐ。何時も観光で賑わっている所)が使われたそうです。
 売れっ子役者を揃えるのだから都内からの近場が選ばれたのですねェ・・・
"一応"、これは観ておかないとッ!("肩すかし" は困りますが・・・)

 何年か前にフジ_TVがクリスティ女史:"オリエント急行殺人事件" を野村萬斎さん主役の和物ドラマに仕立てた事もありましたが、これは結構観せました。
 A.フィニーがポアロを演じた映画版が最高ではありますが・・・ 


共通テーマ:日記・雑感

20170301:ミステリの連続殺人事件に関わる "お笑い一考察" ① [ミステリ三昧]

 少々、長文になるので二つに分けます。
 相変わらず TV ではミステリものが大流行で、一人だけではさすがに二時間も持たないだろうから、次々に人が殺されていきます。

 素人が名探偵振りを発揮して解決したり、名刑事が見事に犯人を追い詰めていくのですが、内容を "濃く" する為に組織内の軋轢が炙り出されて主人公が翻弄される場合も多いし、杉下右京さん@相棒の様に泰然自若の場合もあります。

 この種の番組を見馴れている "ひねた" 視聴者だと、これだけ名の知れた俳優がチョイ役で終わる訳は無い・・・とかで、犯人役は演じている役者でまず推測出来てしまう(TV-番組表記載出演者の "3人目" 辺りが犯人・・・と聴いた事があります)。

 犯人役は逃げ切れなくなった時の弁明の台詞が半端では無いから、ベテランしか務まらないのでは?・・・と勘ぐっている訳です。

 そう想って観ているから、何故、金田*さんとか、十津*さん等、名探偵・名刑事があっち行ったり、こっち行ったりして二時間(*)も経ってしまうのか、いつもとても不思議に想っています(途中CMタイムで一服したりして)。
(*)CMタイムがあるので、通常は1.5時間ほどが正解

 連続殺人事件ものの中でも、純文学者である坂口安吾氏になる名作:"不連続殺人事件" では何と8名もの人達が瞬く間に山間部の豪壮な館内外で殺害されてしまう(連続的に殺人が行われているにもかかわらず、題名は ”不連続・・・” で、そこに重要なヒントが隠されているのですが)。

 名探偵と称される巨瀬(こせ)博*は、すぐ側に居ながらも何もしません。
 彼は "時間当たりの殺害見逃し数" では数ある名探偵・名刑事の中でも群を抜いているのでは?
 恐らくこの分野のチャンピオンだと想われます。
 結構見逃しの多い金田*さんも金田*少年も敵いません!
 (以下、その2へ)


共通テーマ:日記・雑感