So-net無料ブログ作成
検索選択

20170212:"ブラタモリ" 考 [気晴らし事]

 毎週土曜夜、NHKTV総合で放映されている "ブラタモリ" はお気に入りだ。 最初は都内の坂や崖等を中心に、地形の由来と人の歴史を織り交ぜたものだった。 一昨年辺りから都内を離れて日本各地を巡るシリーズになっている。 この間は "別府" だった。
 記憶に残っている所の一つに "熊本城" がある。 確か2016年3月の放映で、翌月のあの大地震で被災を受けてしまった。 熊本市、水前寺公園、お城へは数回伺った事が有り、また自分の父が佐賀出身で "半分は九州の血" のせいもあって心の痛みが未だに続いています。
 殆ど欠かさずに観ていて感心するのは、タモリさんの地理・地勢に関する豊富な知識と健脚だ。 富士山頂迄を極めたので、恐らくは金比羅さんの千段を超える階段も登りきったのだろう。 羨ましい限りの健脚だ。
 彼はこの番組を本当に楽しんでいるのでは・・・と想う。 他局の番組では見られない笑顔で、心からの感じだし、パートナーの女性アナ(今は近江アナ)との掛け合いにも結構気を遣っている様に見える。 彼女は三代目で、"ゆとり世代" との事だ。 "円周率" を何桁迄覚えているかで解るとタモリさんに指摘されていた。 また草彅さんのナレーションも明るく、とても聴き易い。
 自分がかって住んだ事のある地域とか、現役の頃出かけた、或いはゆかりのある地方等は特段に興味深く、改めて思い知らされる事も多い。 観るのが楽しみで、自分の世代には同じ様な飲み友が多数いて、良く話題になります。
 はてさて、どういう基準で訪問地が選ばれているのだろうか。 タモリさんの好みでしょうか?