So-net無料ブログ作成
検索選択

20170211-3:ニャン・フィーバー③ニャンは喜び畑を駆け回った!? [ニャン]

 2月10日(木)は西日本を中心に記録的な大雪となった。 横浜市郊外の拙宅周りも午後には時折雪が舞った。 寒く、とても外に出る気分になれない。
 ところが我が家のニャンは窓から外を見て異常に興奮して、閉じたガラス戸を開けようとする。 外は寒いから家の中で!と言っても聞こうとせずに噛みついてくる。 仕方なく外に出すと、うっすらと白くなりかけた畑を夢中になって駆け回っているではないか!
 ビックリした。 白く舞う雪を何かと見間違ったのだろうか? とすれば、蝶々か? 春先に夢中になって紋白蝶を追っていた事があったっけ!
 外を駆け回るのは犬で、ニャンは炬燵で丸くなるとばかり想っていたが、うちのニャンはいったい何なんだ? と想った次第です。
 こんなニャンって、いますか? それでも30分程して帰ってきたら身体は冷え切っていて、ガスストーブの側で "丸く" なっていました。

20170211-2:"ジャッカルの日" も観ちゃった! [ミステリ三昧]

 2月10日(金)午後の横浜市郊外は前日同様に寒く、雪が舞った。 我が家のニャンは元気に外で跳ね回っていたが、こちらは家で閉じこもる事に。
 巧い具合にTV東京で "ジャッカルの日"(日本公開:1973年)を。 手持ちDVDで何回も観ているが、勿論観る事にした(何と言っても吹き替え版は気楽に画面に向かえる)。
 大評判になったスナイパーもので(原作:F.フォーサイス。1971年 ← ゴルゴ13は1968年にデビューしている筈なので、こちらの方が先輩!)、初めて観た時は時代背景も良く理解せず通り一遍の面白さしか解らなかったが、何回も観ていく内に主人公が周到にいくつもの逃走手段を用意していく過程も解ってきた。 仏大統領スナイプは失敗して良かったが、最後に撃たれてあっけなく遣られてしまうのは、何となく "惜しい" 気もしている。
 主人公役のE.フォックスはミステリーやスパイものでも良く見掛ける。007シリーズ番外編("ネバーセイ・ネバーアゲイン")、"ミス・マープル" もの(映画:"クリスタル殺人事件" やTV映画)、また今NHKBSで放映されている "刑事フォイル" にもちょい役で出演していた。 本来は舞台役者なのか? この人も綺麗に歳を取っています。

20170211:"ツイッター" 大統領 [ただの私見]

 米国の新大統領を彼の地では "ツイッター大統領" と呼ぶ人達がいるそうだ。 唯一の超大国トップである事から、フォロアーも世界中にいて、一千万(?)を超すらしい。 NHKTVのニュース番組担当者も最近フォローし始めたと言っていた。
 ツイッターで一方通行の主張を言い放す善し悪しは自分には判断出来ないが、一つだけ不思議に想う事がある。 最近はこの大統領独特の言い回しを習得した AI を MIT の技術者が開発し、ツイートを始めている時代でもある(アカウントは "realT***" に "対抗" して "DeepT**" とか:日本経済新聞紙:2017年2月1日付け)。 アカウントは大統領であっても、"本人" が発信している事は保証されているのだろうか(つまりは、密かに開発した AI(?)とか補佐官等が代理発信している可能性はゼロなのか)。
 米国大統領は世界一激務の筈で、自らツイートする時間的余裕があるのだろうか・・・と、とても不思議に想う次第です(とは言え、ゴルフを楽しむ時間はある様なので、スマホを自由自在に扱う等、どーって事無い? かも)。