So-net無料ブログ作成
検索選択

20170210-2:名作 "激突!" を観てしまった! [ミステリ三昧]

 2月9日(木)、横浜市郊外は5℃に及ばずに冷たい氷雨降る、散歩・簡単なウォーキング等を日課とする年寄りには辛い日だった。
 予定していた外出案件は先送りさせて貰い、家に閉じこもる事にした。 既に明日アップ予定のブログ原稿は出来ているし、簡単な筋トレをして映画でも観ようとしたら、何とあの名作:"激突!" をTV東京が放映している。 何回も観てきたが、改めて鑑賞した。
 主人公(D.ウィーバー)が40トントレーラーに執拗に追いかけられ、最後は断崖絶壁で "対決" する。 原題:"Duel!" は正にこれを示しているに違いない。 断崖から落ちる車2台の迫力は凄まじい。 CGの無かった時代の撮影で、本来TV映画として低予算で制作された筈なので、精密なミニチュアを作る予定等無かったのではと想うと、本当に崖から落としたのか? 随分と大胆な演出だ。 環境規制が厳しい今の時代では、あんな排煙モクモクのトレーラーは公道を走れるとは想えないし、原状回復を義務づけられる崖からの車落としも不可能なのでは・・・ 当時(1971年)だからこそ出来たのですネッ! 
 これがS.スピールバーグの出世作。 登場人物は数少ないが、以後の彼の作品に出演する役者が既にこの映画には出演している。 また彼の作品にはよく蛇が出て来る。 "激突!" にも出ていた。 ジョーズ等とは違って必然性が感じられないので、彼は爬虫類を苦手としないのかも? 自分は蛇が大の苦手だ。 この映画は知り尽くしているから、この場面は目を閉じてやり過ごした。 インディ・ジョーンズにも再三出てくるのでこれがやだ。
 因みに、スピールバーグは、Spielberg=Spiel(遊び)+Berg(山)の意味で(ドイツ語)、彼はこれを英訳して Playland とも称していた事がありました。


共通テーマ:日記・雑感

20170210:未だに "ガラケー" [自分の事]

 自分のケータイは未だにガラケーだ。 ほぼ2年毎に近場の通信会社店舗で電池を無償交換して貰っているが、行く度毎のスマホへの乗り換えのお誘いを振り切っている。

 自分のガラケーは横長・2段・スライド式で、下の段は小さいながらもキーボードとなっており、これがとても便利だ。 現役の頃、出張とか外勤の帰路、車中で "パパパッ" とメモをまとめて勤務先自分宛へメールしておき、後で体裁を整えるだけで即、議事録等の書類が出来上がる訳だ。

 外見ガラケーで中身スマホのケータイにはキーボード付きが無い(と想う)。 スマホやタブレットPCのタッチ操作は明らかに右利き向けに設定されており(←右利きの方々は気がつかないでしょう)、左利きの自分には些か操作し難い。

 世の中は、ICカードの挿入口の位置一つとっても全てが右利き向けに設計されている(左利きは多くて10%程度の存在に過ぎないそうだ ← 何時だったか、”何でも知っている杉下右京" さんが "相棒" に説明していました)。 マウスの様に利き手を選べる仕組みだと助かるのだが・・・(自分のタブレットPCではその様な設定は無さそうだ)

 と言った訳で6年以上前のガラケーを未だに使っているが、旧式過ぎて最新セキュリティー・レベルが合わない事から、何時しか新幹線予約も出来なくなった。

 トホホツ・・・ 困ったものです。


共通テーマ:日記・雑感