So-net無料ブログ作成

20170205:昭和基地60歳 [ただの私見]

 本年1月29日は南極昭和基地開設(1957年)60年と知った。
 日本の南極観測は1912年の白瀬隊に始まった事は、アムンゼンとスコットの南極点到達競争と共に小学校で習った記憶がある。
 南極観測と言えば、自分の世代は第一次観測隊が置き去りにせざるを得なかった樺太犬タロとジロを思いおこす。 当時の報道で知った時は事情も知らずに憤慨したが、次の観測隊を "迎える姿" に感動もした。 映画化もされ(「南極物語」(1984年)。高倉健さん主役だったなぁ)、大ヒットだった。  映画公開年代を確認する為にWikipediaを閲覧して初めてタロ・ジロのその後を知った(込み上げるモノ有り)。 
 日本の南極観測の最大の功績は "オゾンホール" の発見で、南極地域自体が地球環境、更には生命誕生の研究の場として着目されるきっかけとなったと聴いている。 今では総計3000人を超す隊員を送り込んだとの事で、彼等を誇らしく想うのは自分(世代)だけだろうか・・・(いまだに曜日を忘れない為に、金曜日にはカレーライスを食べるそうです。NHKラジオニュースで知りました)。


共通テーマ:日記・雑感