So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2017年01月 |2017年02月 ブログトップ
前の20件 | -

20170131:将棋とAI②:嘘を見破るAI [素人 AI 考]

 1月24日のブログ ”20170124:将棋とAI” の中で、将来のAIとして、『意図して嘘をつくAIの実現は? 逆に、嘘を見破るAIは? 人間の培ってきた経験知をも取り込むAIに、善悪とか法律尊守の様な概念を植え込む事は出来るのか? より効率的な学習方法自体を自由に学習するAIも生まれるのだろうか? 人間の持つ倫理観から遺伝子操作に制限が加えられている様に、AIの開発にはどの様な制約がつくのだろうか? 人間はそれに従ってたとしても、従わないAIが出現したらどうなるのか? 失望する様な感情を持つAIは? フランケンシュタイン博士の様なAI開発者・設計者が出てきたら、人はどう対処するのか?』 等と、素人丸出しの疑問を書き加えた。
 その後、新聞のスクラップ記事を整理していたら、日本経済新聞紙1月8日の夕刊に、何と「人の嘘見破るAIつくる」と題した囲み記事があった。 見逃していました。
 東大の島海不二夫准教授が開発されているとあった。 なぁんだ・・・やっぱりプロの方は考えておられたのですねぇ・・・
 同先生は、「将来社会で使われるAIには嘘が入力される事を前提に答えを返したり、相手を説得したりできないと、人間とうまくコミニュケーションできない」 と指摘されている。 10年程の近未来にはそれなりのAIが開発されそうとの事で、本当に待ち遠しい想いがします。
 あと10年かぁ・・・ もう少し早くならないかなぁ。 そうしたら体験出来るのに・・・と想う自分です。

20170130:”老人” の定義が変わるそうな・・・ [自分の事]

 "日本老年学会" という学会があるそうで、1月5日に "高齢者の再定義" を提言している。
 現在、高齢者とは65歳以上を指し、その中で前期高齢者を74歳迄、後期高齢者を75歳以上としている(自分はついに本年4月に後期高齢者へ (>_<)。 自分の年代から観ると、この "後期" と言う呼び方には "先が無い" 言い回しにか感じない・・・実際そうなのだが)。
 この呼び方を、高齢者=75歳以上とし、
  准高齢者=65~74歳、高齢者=75~89歳、 超高齢者=90歳以上
と定義し直したいと言う。 背景には、病歴や身体能力等から判断して、今の高齢者層は10~20年前に比べて5~10歳若返っているとの調査結果があるそうだ(紹介記事:日本経済新聞紙2017年1月19日付け)。
 更に、准高齢者迄を働き手と捉えると言う。 EUや米国と違い、我が国は実質的に海外からの移民で労働力を補う事は主流とは言い難い(労働者総数に占める移民労働者数の割合がEUや米国とは桁違いに低いと聴いている)。 とすれば、この再定義は、高齢者層の一部を労働力の補填とする思惑があるのだろうか。 そうとなれば、年金支受給開始年齢も高齢側にシフトするに違いない。 自分よりも若い団塊世代と呼ばれる方々はどう感じておられるのだろうか。
 5~10歳若いと言っても、所詮は若手に邪魔扱いされる年寄りに過ぎず、力仕事には限界があろうし、進展・変転が急な情報処理システムに向き合わざるを得ないデスク作業をテキパキ裁ける高齢者は数が限られているに違いない。 国の医療制度や社会保障制度との関わりをどうするのか、難しい課題だ。 自分は若い世代の重荷にならない様、また、これからの健康生活を送れる様、せっせと努める事しか出来ないのか・・・  珍しく悩む自分がいます。

20170129:"オデッサ・ファイル" を観た [ミステリ三昧]

 25日午後、NHKBSで "オデッサ・ファイル" を放映していた。 偶然気がつき、外出する時だったので慌てて録画し、帰宅してから最後の20分程だったが魅入った次第。 DVDを持っているが、今のばかでかい液晶TVでは解像度が低く、画面を楽しむのが若干苦しい(同じ様な昔のDVDが何十枚もあり、困っています)。
 十分にきれいな画像で放映されていた。 F.フォーサイスの評判になった小説の映画化(1974年)で、J.ボイドが主演し、怪俳優(?)M.シェルが敵役。 J.ボイドはハリウッドの名優(アンジェリーナ・ジョリーは娘さん)で、賞を多数得ている筈だが、T.クルーズが復活させた "ミッション・インポッシブル" の第一話(1996年)で裏切り役を演じていたものの、この役はちょっと・・・(>_<) 大昔の "スパイ大作戦"(何と、今、BSジャパンで再放映されている!)に出演していたM.ランドー等は憤慨して招かれた試写会を途中で退席したとのゴシップ記事をどこかで読んだ記憶があります。
 ドイツ・ハンブルクでの独居老人の死が発端となるナチス残党もので、最後の仕掛けも秀逸な作品と感じている。 第一外国語がドイツ語だった自分にとって、画面に映るポスター類・看板類の意味を読み取れるのが余計に楽しい。 同じフォーサイスの、事もあろうに仏・大統領の暗殺を扱った "ジャッカルの日"(1973年)は世界的にヒットした作品で、これもお気に入りだ。
 ナチス残党もので追記しておくと、"ゴルゴ13" にも一連の小シリーズがあって、これも力が入った作品です。 (映画の制作年度についてはWikipediaを参照しました) 

20170128:カレーが残ったら・・・ [食]

 自分は "めん食い" である。 つまり、蕎麦・饂飩・ラーメン類・パスタ等の "麺喰い" で、乾麺・生麺・即席麺等、常備している。 このブログでも、蕎麦作りや駅蕎麦等の楽しい紹介がありますネ 気がつく限り "Nice!" を入れています。
 ところで、カレーライスが好きな方は大勢おられると思いますが、大抵はカレーをたくさん作り、余ってしまうのでは? カレーは一晩置いた方が甘みが増して美味しいと言いますが、それでも余ったらどうしますか?
 一昨日の昼が正にそういう訳で、試しに麺汁で薄く溶いて "カレーうどん" にしました。 お蕎麦屋さんのカレーうどん・カレーライスは独特の甘みがあって美味しいと多くの人が言いますが、それに近い味わいでした。 これから癖になりそうで、これを狙ってカレーライスの日が増えるかも・・・(こう言うのを "本末転倒" とも言うそうな)

20170127:帝京大残念!(ラグビー日本選手権) [ラグビー]

 ラグビーが好きで、定期戦が始まると良く競技場へ出かけるかTV観戦する。 21日に日本選手権準決勝が花園ラグビー競技場(東大阪市)で開催され、TV中継を観た。 トップリーグ優勝のサントリーを相手に大学ラグビーチャンピオンの帝京大が大奮戦した。 結果は54-29に終わったが、前半は21-21で互角以上の戦いだった(後半はサントリーが奮起)。
 大学ラグビーも今や "パワー+ランニング" ラグビー全開で、明大・早大や関東学院がその始まりと思う。 特に春口監督率いる関東学院(関東大学リーグ戦)と清宮監督率いる早大(同・対抗戦)の大学選手権の覇権を目指した準決勝戦・決勝戦は観る者を熱くしてくれた事を昨日の様に思いおこす(10年以上も前の話だ)。 今や、関東では帝京大・東海大、関西では天理大・同志社が抜きん出いている様だ。
 帝京大が未踏の大学ラグビー選手権8連覇を果たしたが、自分の観るところ、昨シーズンのチームの方が強かったのでは・・・ 今シーズンの帝京大のスクラムは、大学選手権での天理大(準決勝で対戦)や東海大(決勝戦で対戦)に押し込まれる場面が再三あり、意外に脆かった。 9連覇を阻むのは天理大か東海大と思えるが、果たして・・・
 大学であっても、トップリーグであっても、今やスポーツ医学の見地から選手の体格作り・メンタルトレーニング、更に卓越したゲーム戦略無くしては戦いにならない時代だ。 昔乍らの "ラーメン+丼飯"、パスして走っているだけのゲーム運び(←ラグビーは陣地取り合戦なのに!)は通用しないし、長期間を通して一貫したコーチ・監督陣の指導・采配が、そしてそれを認める大学側の揺るぎない方針が必要に思う。 春口監督は30年間以上、2年で交代・非常勤が常態の早大監督だが清宮監督は5年間の常勤、帝京大を率いる岩出監督も20間年、継続してチームを鍛え、強くしたのだ(残念ながら春口監督・清宮監督がいなくなった関東学院・早大は、以後、彼等が育てた選手が卒業したとたん低迷時代が続いている)。 それが出来ないチームはトップに上れない厳しい時代になった。 それでも試合終了後に素直に相手を称える習慣が残っているのを観るのはうれしい。
 さて、29日のサントリー vs パナソニックの日本選手権決勝戦が終われば、次はスーパーラグビーが始まり、日本チーム("サンウルブズ")の応援に入ので、楽しみは続く。 昨シーズンは15戦1勝に終わったが、今シーズンはどうなるのか、期待しているところです。

20170126:松方弘樹さんを悼む [故人を悼む]

 闘病中であったが1月21日に逝去された(享年74歳)と知った。 実録物は観ていないが、豪快な時代劇を演じた俳優であるにも関わらず、タケシさんのバラエティ番組に出て、白っぽいハンカチで汗を拭く仕草が何とも剽軽な人柄を醸し出していたと記憶している。 自分は現役真っ盛りの頃で、1990年代のTV時代劇で "遠山の金さん" を演じていたのは知らないが、趣味の釣りで、巨大なまぐろを仕留めた記録を観た覚えはある。 うれしそうな笑顔は無邪気そのもので、奥様とお別れになった舌禍事件等、とても信じられなかった。
 "遠山の金さん" と言えば、東映時代劇の二枚看板の一つで(今ひとつは、市川歌右衛門さんの "ご存じ旗本退屈男")、片岡知恵蔵さんのシリーズ物だったが、偶然にも最近NHKBSで放映されていた。 大川橋蔵さんも出演していたが、その美男子ぶりは今観ても凄い。 中村錦之助(後の萬屋錦之介)さんを始め、往年の東映時代劇スターはもう殆どいない。 当時、一番の若手組だった里見浩太朗さんや、更に若い北大路欣也さん等が、今では署長だったり外務大臣だったり、好々爺を演じて頑張っておられるのが頼もしいものの、時間だけは誰にでも等しく流れ、寂しい限りです。 とはいえ、居眠り磐音江戸双紙で主役を演ずる山本耕史さんの様な時代劇が似合う若手も出てきて、期待はしています。
 松方弘樹さんへ黙祷です。

20170125:豆腐・・・ガッテン流をやってみたら美味しかった! [食]

 豆腐が好きである。 しかし味わい深い豆腐は高価でもある。 年金生活者ともなれば毎日とはいかない。
 ところが、昨年の何時頃だったか、NHKの "試してガッテン!" で、豆腐の美味しくなる調理法を紹介していた。 スーパーやコンビニでお馴染みの、安価だが、味も素っ気も無い豆腐であっても、フードプロセッサーを使ってクリーム状に加工すると、たちまち美味しくなると言う。 ある時に想い出して、すぐに試してみた。 本当なのでビックリ。 タンパク質でカプセル化されていたリノール酸等油成分が解放されて直接味わう事に秘密があるとか。 "美味しんぼ" という漫画の第一話が確か豆腐の話だったが、豆腐の構造とか、味わいの秘密等には触れていなかったので、本当に驚いた。
 しかし、毎度毎度フードプロセッサーを使うのも面倒だ(特に使った後の洗いが・・・)。 そこでスプーンを使ったり、食器棚の奥に眠っていた小さなすり鉢を利用して丹念に潰すと、それなりに美味しさがアップ! 本当です。 お試しあれ! 一丁数百円もする汲み出し豆腐とかザル豆腐にも近い味わいが楽しめます。
 馴染みの居酒屋の亭主に紹介したら、プロもビックリしていました。

20170124:将棋とAI [素人 AI 考]

 膨大な数値データーベースを蓄え、更に人間の経験知をも踏まえて訓練された所謂AI(人工知能)の話題が尽きない。 つい最近は、プロの将棋士が対局中の一時退席時に、携帯通信機器を介してAIを組み込んだ将棋プログラムを利用していたのでは・・・と疑念が持たれた事件があった。 協会にとってもコンピュータ将棋の余りの技能向上に対応の術を失ってしまったかの様に見えたのは自分だけでは無いと思う。
 IBM社が開発したチェス・プログラム("DeepBlue")が世界チャンピオンに勝利したのは確か1997年頃だったと思う。 既に20年前後を経ており、その後のAIの発展は "深層学習法" により革新的に加速された様で、囲碁でも世界チャンピオン級のプロに圧倒的な差で勝ったのがほぼ一年前。 今では更に能力アップして、ネット対局では匿名同士で中国・韓国・日本の囲碁トップ級プロに連戦連勝しているとも伝えられている。
 今や、チェス・将棋・囲碁は電脳が支配する思考ゲームになったのか。 人間が君臨できるのは、麻雀とか、ブリッジやポーカーの様な "意図的な引っかけ" も織り込んだ手が必須な複数参加ゲームなのか。
 意図して嘘をつくAIの実現は? 逆に、嘘を見破るAIは? 人間の培ってきた経験知をも取り込むAIに、善悪とか法律尊守の様な概念を植え込む事は出来るのか? より効率的な学習方法自体を自由に学習するAIも生まれるのだろうか? 人間の持つ倫理観から遺伝子操作に制限が加えられている様に、AIの開発にはどの様な制約がつくのだろうか? 人間はそれに従ってたとしても、従わないAIが出現したらどうなるのか? 失望する様な感情を持つAIは? フランケンシュタイン博士の様なAI開発者・設計者が出てきたら、人はどう対処するのか?
 NHKのサイエンスZEROで紹介されていた知識しか持ち合わせていない素人には、AIの発展には楽しい様な、待ち遠しい様な、そして同時に、不安な想いもつきまとう。 自分だけなら良いのだが・・・

20170123:"一日8000歩説" に ”違和感” 有り [自分の事]

 運動不足解消や健康志向を目指したジョギングやウォーキングがとても盛んだ。 自分が住む横浜市郊外には川沿いの遊歩道が完備され、また丘陵地帯なので適度な坂道がたくさんあり、走りや散歩コースに恵まれている。 川沿いをゆったりとした気分で散歩していると、それこそ歳別・性別に関係なく大勢の人々がジョギングとかウォーキングを日課としている事に気がつく。
 最近、"一日8000歩(内、中程度運動20分)が健康には効果的" との調査結果(東京都健康長寿医療センター研究所)が紹介されていた(日経紙:2017年1月12日付け)。 成る程・・・と感じたが、すぐに "違和感" を覚えた。 自分に限った経験からだが、60歳代迄ならともかく、70歳代の高齢者が一日に8000(:以後、"1000" を "1K" と略記します)歩も歩くには毎日1.5時間程、或いはそれ以上の時間が必要だ。 雨の日・寒い日・暑い日・強風の日等、高齢者が無理すべきでは無い日も結構あり、一日平均8K歩を維持するのは大変な労力と時間を要する(年金生活者であっても結構なすべき事が多く、毎日歩いてばかりはいられない (>_<) )。 調査をされた方々は、元気な、バリバリの現役の方で、通勤・お仕事だけで軽く10K歩程度は稼いでいるのでしょうが、高齢者の日常生活の実態をご存じなのか・・・
 自分の経験から独断すると、この調査には原因と結果が逆転しているケースが一部紛れ込んでいるのでは・・・と思わざるを得ません(多種多様な背景を持つ人間の多数の記録データーから原因と結果を導くのは、統計学の専門家にとっても大変難しいと聴きます)。 8K歩くから健康・・・なのでは無く、健康だから毎日8K歩も歩けるのだ・・・と(?)。 紹介記事を書かれた記者の方、毎日8K歩いておられますか?(以上は自分の経験からの独断であり、東京都の調査結果に "異議" を唱えている訳ではありません。あくまで、"違和感" です)。

20170122:"ニャン" フィーバー [ニャン]

 猫が大ブームだ。 TVでも数多くの番組が可愛らしいニャン子を特集している。 自分も、NHKBSで放映されている岩合さんの "世界ネコ歩き記" は最初から観ているし、ほぼ全編録画し、BDに収めた上で繰り返し鑑賞している。 最近はTVで例の "PAPP" に "出演" ている(?)ニャンがいてビックリした。 餌代やグッズ・本類等を含めた経済効果は2兆円を超すそうで、"ネコノミクス" と言うそうだ(出所:Wikipedia_Ver.20160805)。
 我が国の飼猫と飼犬は共に一千万匹弱らしいが、近々猫の方が犬を上回る見込みらしい。 家の中で一日中放し飼いが出来たり、散歩を日課としない猫の方が若い独り者や独居老人に向いている事が背景にあるという。
 似た様な理由で我が家にも2010年11月からニャンを迎える様になった。 種は "ソマリ"。 声が鈴の様でとても可愛らしいが、多分に野生が残っており(←獣医師の指摘)、"人見知り" が激しい。 家内がニャンを迎える事を言い出したのだが、どうやら自分が勤めを辞めたがっていて、家にいる時間が多くなりそうなのを察して "危険予知" したらしい(?←折角勤めでほぼ一日中家にいなかった旦那が、勤めを辞めてずっと家に居着く事はかみさんにとって最大の "ストレス" であると聴いている)。
 ニャンが来てから我が家は一変した。 何と言ってもその癒やし効果には代えがたいものがある。 主人公はニャンとなり、正にTVで盛んに喧伝されている様に "ツンデレ" に振り回されている。 時にパソコンに向かっているとキーボードの上に座り込み、首をなぞるのを求める。 またそれを苦にしなくなっている自分が不思議だ。 生まれた時からニャンを飼っていた家に育った家内は扱いが巧く、ニャンも承知している。
 住んでいる横浜市郊外は丘陵地帯で、川沿いの遊歩道や小さな山林が豊富で自然に満ちているが、ウォーキングの途中で野良ニャンを良く見かける。 思わず餌の類いを与えたい衝撃にかられるが、これはしてはいけないそうだ。 自分の居住地域では保護ニャンの終末処理は行われていない模様だが、"ふくよかな" 我が家のニャンに比べて痩せている野良ニャンを観るのは辛いものがある。 彼等の寿命は数年、飼いニャンのそれは最近は20年に近いそうで、家・庭・資産に恵まれていれば全員飼いたいとも想う様になってしまった。 もっと金儲けが巧い才があれば良かった(?)とも思う次第だ。

20170121:C.ケネディ駐日米国大使離任記事で思い起こす [自分の事]

 1月20日の米国トランプ政権発足に伴うキャロライン・ケネディ駐日大使離任の記事を見た(1月17日付け各紙)。 自分の世代は "ケネディ" と見聞きすると、すぐさま第35代大統領J.F.ケネディ氏の暗殺事件を思い浮かべるのではなかろうか。 それは1963年11月22日にテキサス州ダラスで起こった。 既にウォーレン調査報告書の大部分が1992年には公開され、犯人は特定されているが、機密性の高い部分は2039年迄封印されるとの事だ。 そのせいだろうか、数多くの疑念が指摘され、様々な憶測の基に小説・映画や、漫画迄もが公表公開されている。
 事件発生の日本時間は11月23日未明で、偶然にも日米間衛星通信放送開始に当たり、双方からの希望に満ちた挨拶がTV中継される筈だった(たしか、日本側では茨城県十王町(当時)が受信・発信サイトだったと記憶している)。 明け方から今か今かとTVを見守っていたが、突然に米国から大統領暗殺の悲報が告げられ、暗然たる思いをした事を覚えている。 ファーストレディとして誉れ高かったジャクリーン婦人が夫の血がついたままの姿で二人の幼児を抱えている写真も忘れられない。 悲劇が続く様に、男の子は成年後に飛行機事故で亡くなっている(1999年)。 一方の可愛らしい女の子が成長し、どの様な人生を送っていたのか、知るよしも無かったが、その当人がオバマ大統領から駐日大使として派遣された事には驚いた。 着任後に伝わってくるのは善意に満ち溢れている活動だったが、"恋ダンス" とかのパフォーマンスも公開して、気さくな面も感じられた。 4分程の離任メッセージ・ビデオを公開している事を知り、YouTubeで観たが、暖かい人柄とオーラを感じた。 国と国との付き合いは、見える表と見えない裏では全く違う様相を示していると思うが、我が国の外交官もこの様な好印象を残して赴任先を離任して戴きたいものだ。
 更に申せば、来日してビジネスを展開したり、学問修得をされた海外の方々が、我が国に好印象を持って帰国される事を願い、またそういう国であって欲しい。 その為には自分の様な年寄りは何をしたら良いのだろうか・・・

20170120:杖をついて気がついた事 [自分の事]

 2年半前の腰部脊柱管狭窄症治療(腰椎固定化)以後、主治医の指示に従って外出時には杖をつく様にしている。

 歩くのに不都合は無いのだが、チタン・チップで腰椎を固定化している為、転んだりしてチップが破損したりすると大事になる事もあり得るので、特に駅等、階段があり、また大勢の人が行き交う所では少しでも注意して貰う為なのだ。

 乗車時には可能な限り杖は折りたたんでバッグに収めるのだが、時に忘れて杖をついたままで立っていると、若い方が席を譲って下さる。
 慣れない内は譲られた席に座るのも躊躇っていたが、折角のご好意と割り切り、最近は素直に座る事にしている。

 その内、路線により席を譲って戴ける電車とそうで無い電車がある事に何となく気がついた。 

 自分は横浜市の東横線(渋谷⇔横浜⇔(乗り入れ)元町・中華街)沿線に住んでいるが、都内に出かける折り、東横線では良く席を譲られるが、半蔵*線では譲られる事は無い。

 乗客の様子を眺めると、半蔵*線の乗客の皆さんは疲れて居眠りしている方々が圧倒的に多い。

 日比*線(中目黒⇔北千住等)も秋葉原以南では譲れられるが、それ以北となると譲られるケースは圧倒的に少ない。

 横浜へ出て、京浜東*線や東海*線を利用すると席を譲られ、一方、京*急行線で譲られる事は殆ど無い(以上はあくまで自分に限った経験です)。

 この違いはどこから来るのだろうか。
 現役の頃は毎日通勤していても、少しも気がつかなかった事で、電車の乗客一つとっても人間模様は様々。
 歳相応に人の親切に気がつく様になったと言う事だろうか。
 老人に親切して下さった方々、有り難う御座います。
 素直に感謝しています。
 そんな自分にも驚く今日この頃です。

20170119:C.イーストウッドの事 [気晴らし事]

 18日夜、BS日テレで懐かしい西部劇が放映されていた。
 ”奴らを高く吊せ!”(1968年)。

 C.イーストウッドがマカロニ・ウェスタンと揶揄されたイタリア製西部劇3本("荒野の用心棒"(1964年)、"夕陽のガンマン"(1965年)、"続・夕陽のガンマン"(1966年))の成功によりハリウッド西部劇主演を果たしたもので、まさに "Old West Action"(C.Eastwood のアナグラム←出所:Wikipedia_Ver.20170111)、思わず録画。 TVでの放映は本当に久しぶりだ。

 C.イーストウッドは、同年に "マンハッタン無宿(監督:D.シーゲル)" にも主演。 田舎の刑事役でNYで馬鹿にされながらも活躍する。
 その後、同監督等と組んだ1971年以降の "ダーティ・ハリー" シリーズの世界的成功でスーパースターの地位を占め、数多くの映画に主演、監督作品も多い(最新作は "ハドソン川の奇跡"(2016年))。

 自分としては "バード"(1988年)が好みだが、自分を含めて同年代諸兄姉にとっては、TV西部劇 "ローハイド" のロディ・イェイツ役が懐かしい筈(ちなみにローハイド全作品はYouTubeで公開されています)。
 カーボーイ姿で羽田空港に降り立った(1962年2月21日)ニュースを良く覚えている。 大変な人気でした。

 本年、御歳86とか。
 これからも元気で記憶に残る映画を制作して下さい(年代等の確認に Wikipedia を参照しました)。

20170118:築地市場豊洲移転-(2)地下水異常汚染 [ただの私見]

 豊洲i市場予定施設の地下水モニタリング最終調査の結果、国が定める環境基準の79倍ものベンゼン濃度が検出された事が報じられている(1月14日夕刊/15日朝刊各紙)。

 国の環境基準の多くは、一般的には急性、若しくは亜急性毒性に関わる国際基準と整合性の高いものとされ、長期摂取に伴う安全について完全保証する事を意味する訳では無いものの、79倍とは異常な迄の高濃度と言える。
 気化性物質だけに大気中に拡散した場合、日常そこで作業する方々の健康維持が懸念されかねない。
 都が設置した安全性検証専門家委員会は、追加調査は勿論の事、原因究解明・解決を果たした上での安全宣言の基準をどう設定するのか、極めて困難な問題を抱える事となったと言わざるを得ない。

 貯まった地下水を汲み上げ、汚染物質を分離除去して放水すべく吸水ポンプを稼働させてからの採水結果である事から、採水以降の分析手順に問題が無いのであれば、素人目には、汚染度の強い高深度地下水が吸水に伴い新たに湧き出した事が疑われる。

 かって、専門家委員会の意見を無視して盛り土を一部実施せずに管理スペースを独断設計・設置した程の見識を持つ都側担当部局なのであるから、継続稼働を前提とする吸水システムをどの程度の期間稼働させれば許容基準に収まるのか、シミュレーションしている筈で、その結果、及び今後の見通し等の公表が望まれる。

 化学物質の安全性を論議する専門家に化学工学上のシステム管理は無い物ねだりに等しく、そこまで議論させるのは気の毒だ。
 今や、ケミカル・エンジニアの出番ではないのか?

 このままでは "豊洲ブランド" は期待出来ないと思う人が多いのでは・・・
 予算・区長選・都議選等の対応で激務が続く事は承知の上で、「食品食材に関わる安全性は特段に重要」との指摘に留まらずに、小池知事の迅速な采配を期待する次第です。

20170117:阪神淡路大震災から22年 [ただの私見]

 1995年1月17日未明に起きた大震災は、ここ横浜からは500km程も西に離れたところながら深い記憶が残っている。

 当時自分は素材メーカーの総合研究所に勤めており、単能研究所を率いる立場で所長会議の席でニュースを見守っていた。
 余りの惨事に誰も声を発しない。
 自分は、確かこの一年前にポート・アイランドで開催されたシンポジウムに参加しており、きれいに整備された環境を異郷の想いで観ていた事と重なり、複雑だった。

 その後、偶然の巡り合わせで知り合った神戸出身の飲み友から震災を身近に接した体験を聴かされた。
 恐怖がトラウマの様に残っていると言う。

 世界で発生する地震のかなりが日本で・・・と言う事で、地震体験のない中欧・北欧の人には地面が激しく揺れる場面に遭遇すると、どうして良いか、解らずに恐怖に晒されると聴いている。 
 あの天を目指したゴシック様式の教会も地震無ければこその偉容とも思える。

 最近は世界各地から来日する観光客が2千万人を超え始めている。
 東日本大震災はもとより、熊本地震や鳥取地震の余震も続く中、更に近未来には首都圏直下型、南関東、東海、南海地震が発生するとも言われている事から(特に、南海トラフ起因地震は何時でも起こり得ると指摘する学識者もいるそうだ)、折角のお客様方が災難に遭われない様、適切な避難システムを整備する事が必須であろう。

 2020年には東京五輪・パラリンも開催されることから、我が国政治の得意技である "先送り" は許されない。

20170108:"刑事フォイル" の再開を ”素直に” 喜ぶ [ミステリ三昧]

 前々年9月から前年3月まで28回に渡ってNHKBS・日曜21時から放映された "刑事フォイル"。
 第二次世界大戦下、英国南部の小さな町を舞台に繰り広げられる犯罪捜査と人間模様を織り交ぜたドラマ。
 フォイルを演ずるマイケル・キッチン(←007シリーズにも情報部関係者として出演した事があります)も含めてシナリオ自体が地味ながら味わいは深く、とても気に入っていた。

 英国では既に終了したシリーズとの事で、全28話。 NHKBSでは一話を前編と後編に分けた2回の放映で、1月8日からは10回、従って5話を放映する様だ。
 全28話の内、14+5=19話で、残りの9話は来年の話になるかも知れない(何としても生き存えなければ!)。

 我が国のミステリー番組にも味わい深いシリーズもあるが(:自分は "陰の季節" や "臨場" が好み。いずれも再放送でしか観る事は出来ないのが残念)、刑事フォイルを好むのは極く一部のファンに限られよう。

 ところで、昨年初、同じNHKBSから ”クロスロード” が制作・放映された。
 犯罪捜査と人間模様を織り交ぜているものの、最終回(第6回)で唐突に、余りに唐突に、犯人と目された人物が東日本大震災被災者の中に紛れていた事が指紋等から判明したところで終わり。

 余りのご都合主義に驚いた。
 と同時に、震災被災者を冒涜するに等しいストーリーの終わり方に怒りが込み上げてきた。

 番組掲示板に投稿したものの無視され(:掲示板って、翼賛的なものしか挙げていないのですネェ・・・)、あげくはNHK本体への意見投稿しても梨の礫。

 主役の二人と脇を蒼々たる役者で揃えたにもかかわらず、無責任なお粗末シナリオで、これでは役者に失礼だ。
 館さんも神田さんも、多分NHKだから・・・と思って文句を言うのを控えていたのだろうと思った次第です。

 そんな腹立たしいNHKBSだが、今回の刑事フォイルの再開は素直に喜び、鑑賞に耽りたい。

20161230:さらば!B**車 [自分の事]

 自分の世代の多くがそうだと思うが、ドライブが好きだ。
 今の若い世代は "車離れ世代" らしいが、自分がサラリーマン現役の頃、所謂 "マイカー・ブーム" が凄まじかった。

 昔の型のカブトムシを二台乗り継ぎ(16年間)、次いで日本車(コロ*;7年間)を経て今のB**車へ辿り着き、かれこれ18年が経過した。
 B**車は、この間、リコールが一回、故障修理が3回あったが、概して手間のかからない、乗り心地の良い、長距離を運転しても疲れが来ない車と言えた。

 しかし乍ら、ゴム・エラストマー・プラスチック部品の経年劣化は如何ともし難く、3回の故障の内2回はこの10月と12月に立て続けに起こった。
 外国車はメンテナンス経費がやはり高く、年金と預貯金切り崩しの生活者にとっては荷が重くなり、この歳ながら買い換えを決意(←高齢者の自動車運転事故が多発しているものの、この横浜の丘陵地帯に住んでいる身には車無しには日常品の買い物が出来ない)。

 今の3L程のばかでかい車から、米国次期大統領トランプ氏が "アメリカ第一" と言うに習って "日本車第一" で、軽か、限りなく軽に近い、所謂コンパクトカーを物色し始めた。

 日本車の出来映えは素晴らしく、足りないのは "ブランド力" だけだと、今更乍らつくづく感じた。
 既に自分の心の中では決めた車種があり、年明け早々から試乗を経て乗り換えを実現したいが、外車に乗り慣れた家内の説得が一番難しい?

20161213:観ていてワクワクするJUDOを! [ただの私見]

 国際柔道連盟が2020年東京五輪に向けたルール改正を発表している。 “有効” を廃止し、”技あり2度で合わせ1本” も無くす様だ(参考:日経紙_20161211)。
 とりあえず賛成だ。 今のJUDOは自分が習った柔道とは違い、まるで “レスリング擬き”で観ていて全く面白くない。 特に外国人選手に上着をはだけて相手に掴ませない戦いをするケースが多いと感じる。 見苦しく、観戦に耐えない。 “赤胴鈴之助” よりも “いがぐり君” や “イナズマ君” にあこがれて柔道を習った自分と同じ世代は、試合中の帯の解けや上着のはだけを厳しく指導された口だ。

 そこで提案:ズボンのベルト止めの様なものを上着につけて帯の解け・上着のはだけが絶対に起こさせない様にして欲しいものだ。 “JUDO” でなく、”柔道” に戻して、正しく組んだ試合運びを観たいと感ずるのは自分だけだろうか。

タグ:柔道

20161212:大隈栄誉教授(東工大)受賞 [ただの私見]

 大隈良典栄誉教授(東京工業大学)の2016年ノーベル生理学・医学賞受賞の様子が12日付けで報じられている。
 同教授の晴れやかな笑顔が清々しい。

 "オートファージ-" については、一年半程前に放映されたNHKETV:"サイエンスZERO" の番組での同教授による解説しか知らない。

 何故この様な現象が起こるのか、全く理解できないが、単独受賞とは素晴らしい。
 それだけ他の誰にも着目されていなかった現象を発見し、その上、成果を産み出した事が評価された訳だ。

 課題発見能力と課題解決能力は恐らくは別の物で、経験知だけでは課題解決には至らない。
 それだけに同教授は類い稀な才能の持ち主なのであろう

 自分とはお酒・ワインがお好きな点だけが似ている

20161210:"プレバト" 考 [気晴らし事]

 恐らくは "プレゼンテーション・バトル" の略と思うが、横浜の地ではTBSがほぼ毎週木曜日19:00時より放映するバラエティ番組の事で、"浜ちゃん"(ダウンタウン:この二人の才能には感心)の絶妙な司会で、ゲストとなる著名人が俳句・料理の配膳・調理・活け花・水彩画・その他諸々に取り組んだ結果をプロの方が審査して順位を競う。

 文系の才皆無の自分にとっては全てが物珍しく、感心するばかりだ。
 が・・・それなりに見馴れ、理解し始めると、"?" と思わずにいられない出来映え・採点に出くわす事も多くなった。

 まず人気の俳句。
 見始めの頃は感心するばかりで、しばらくすると新聞文芸欄に掲載される読者が投稿し採用された俳句の欄も眺める様になった。

 しかしプレバト俳句プロの先生の観点から見ると、どう見たって凡人、或いは才能なしの判定だとしか思えない様なものも堂々と掲載されている。

 その内、審査とは、審査する人の "哲学" 次第で、悪く言えば "独りよがり" ともとれる事に気がつく様になった(家内からは "当たり前" と言われています)。

 毒舌先生と揶揄されていても、その独りよがりとしか思えない指摘がまかり通るだけの才があり、認められた方なのだろう。

 うらやましい限りだが、これに気がついてからは番組を観るのはやめた。

 出来上がった料理の配膳具合を審査するコーナーもある。
 審査するプロの方の指摘は納得する事が多いが、残念な事に先生の歯が見栄えしない。
 薄汚れている様に見えて良くない。
 真っ白とは言わないが、今よりは白くしてほしいものです。

前の20件 | -
-|2017年01月 |2017年02月 ブログトップ