So-net無料ブログ作成

20180519:”夏八木 勲” さんの声がするっ? [自分の事]

 この間、寒い北風が吹き、終日雨の日の事。
 "無事に" ブログを更新して、「さてっと。コーヒーでも飲み直そうっ!」 と台所へ降りていったら、居間からお懐かしや、"夏八木 勲" さんの声が聞こえてきた。

 自分より僅かに年長、昔からのお気に入りの役者さんで、出演されていた映画・TVドラマは見ていた方だろうか。
 残念ながら5年前にお亡くなりになっている(2013年5月11日逝去。享年73歳 ← WikiPedia で確認)。
 声も忘れてやしない。

 覗いたら我がワイフ殿が6日放送の "テネシーワルツ"(TV東京)の録画を観ていたのです。
 懐かしさの余りしばらく一緒に観ていたら故・江利チエミさんが歌う "テネシーワルツ" が流れてきた。
 このカントリーソングは、P.ペイジ版共々日本でも大ヒットしていた事は聴いているか、知っているのだが、ざっくり言ってしまえば、恋人を友人に掠め取られた人の "恨み節" です。
 歌う方が男性であれば彼女を、女性であれば彼氏を奪われた歌詞となる事でも知られています。

 このドラマは "横溝正史ミステリー大賞" 受賞(TV東京大賞)作品(原作:望月武氏)で、戦争末期のエピソードに端を発した殺人事件を追うお話。
 自分好みのアリバイ・トリックを追う訳ではない。
 筋は割に単調、偶然が織りなす人情絡みが強いもののベテラン役者が醸し出すしっとりと落ち着いた雰囲気が女性好みなんだろうか。
 芸達者な役者さん等に囲まれた高島礼子さんが少しだけヤンキーな役を演じていて、夏八木勲さんは事件の鍵を握る役どころだった。

 更に WikiPedia によれば1974年には故・南田洋子さん主演版が放送されている(観ていない)が、今回の高島礼子さん版は2010年にTV東京から放送されたもので、その後BSジャパンを含めて何回も放送されている様だった(初回に観ていた筈)。

 夏八木さんは初回放送3年後にお亡くなりなったのだが、そう思って観ていたら少しやつれた感じがするなぁ・・・
 今のTVって、解像度が高いだけあって余りにリアルに顔かたちを残すので、想い出に浸る・・・って感じならボヤッとした方がいいかなぁ?(自分の年代では想い出は "セピア版" に限ります)

加えて:
 BSフジTVが5月12日(土)夜に "All about 故・江利チエミ" の様な特集番組を組んでいたのですが、その中で "テネシーワルツ" をフルに聴かせてくれていました。

共通テーマ:日記・雑感