So-net無料ブログ作成

20180411:今年の桜は・・・ [ただの私見]

 我が家の直ぐ側にある山桜・・・去年は今頃が満開だったが、今年はもう新緑の時節。
 はてさて、横浜の開花日は3月19日だったらしい。
 公園、保育園や小学校の校庭に植えられたソメイヨシノらしき桜はとっくに散り終えている。
 
 今年も我がワイフ殿とそこら中をドライブして桜見物を楽しんだが、どうも今年の桜は八重を除くと "薄い" ・・・ と言うか、やけに "白っぽい" 感じがしてしょうが無かった。

 行きつけの居酒屋で一緒になる飲み友も "そうだ" と言う。
 気のせいかなのか。

 ソメイヨシノの寿命は凡そ40年から60年程度が一般らしく、老いてくると色つきが薄くなるとも言う。
 この辺は宅地開発されてから凡そ30~40年程は経っているだろうし、それではその時に併設された小公園とか保育園・幼稚園・小学校に植樹された桜も老木に近くなっているからなのか。

 桜の里とも言える "三春"@福島県には100年を越える桜が多数今も健在だと、何時だったか新日本風土記@NHKでやっていたが、都会の桜は排気ガスまみれだし、老いが早いのだろうか。
 だとすれば可哀想です。

ところが:
 樹齢は勿論、土地環境、冬の気温とかで桜の花の色は複雑に変化し、何よりも私らが桜色としてイメージする色が "思い込み" のせいで "淡いピンク" と刷り込まれている事も、"今年の桜は白っぽい" と感ずる由縁 ・・・ との説がネット検索で見つかりました。
 成る程なぁ・・・そんなもんなのか。