So-net無料ブログ作成

20180408:”鉄鍋” の勧め [自分の事]

 大分前の事、昨年(2017年)9月期に定期検診を受け、採血検査の結果 "鉄分不足気味" と指摘されていた(生まれて始めて)。
 別に貧血とか目眩等の自覚症状は無いのだが、鉄分を多く含むナッツ類(アーモンド)・プルーン・ひじき・鮪赤身等を意識して摂る様に勧められた。
 が、実はこれ等は自分には日頃からの "酒肴" としてお馴染みだ。

 そこでキッチンの棚奥に仕舞い込んでいた "鉄鍋" を取り出し、全ての煮物に使うようにした。
 それこそ、煮しめ・味噌汁・ひじきに始まり、雑炊・おかゆ、冬定番の鍋物は全て、勿論麺類等々・・・

 12月期、それに3月期の定期検診では鉄分は平常値に回復していた。
 調剤して貰うとか、サプリメントで補給する手もあったのだろうが、鉄鍋を使う昔ながらの方法が自分には合ったようです。
 でも、鉄分が回復したとの事だったのですが、そういう自覚症状はありません。
 少しだけ不思議。

因みに:
 総菜として売られている最近の "ひじき" はアルミ鍋で調理されている場合が多いらしく、自宅で鉄鍋を使用して自前調理するのが正解・・・と聴きました。
 即席麺やカップ麺も鉄鍋でどうぞっ!
 冷蔵庫に仕舞い込んだままの野菜を思いっきりぶっ込んで煮ると "甘み" が滲み出て、少し上品っぽい味になりますのでお勧めです・・・と、想っております (^^)/

共通テーマ:日記・雑感