So-net無料ブログ作成
検索選択

20170828:”利き手” の決まり方 [自分の事]

 以前、自分は生来の "左利き" であるとブログ致しました:
   ”20170408:左利き”

ところで:
 富山大学と名古屋大学の先生方が熱帯魚を使った実験で "利き手が決まる仕組み" を研究されていて、それが "持って生まれた体の左右差" と "経験" で決まると解ったそうです(日経紙:2017年8月23日)。

 私たちの体が、外見と違って内部では左右対称では無い事から "体の左右差に由来する" といわれれば "そうか" ・・・としか言えない(どうして左右差が生ずるのか。自分には解りようが無い)。

 例えば利き手の上腕の方が骨が大きいそうで、だとすると自分の場合、左腕の方が太いのか?(腕の太さも握力も左右差は余り無いんだが・・・鉄ダンベルで毎日せっせと鍛えている、いや "無駄かなぁ?と自覚しつつ劣化を少しだけ抑えている" せいか?)

 "経験" と言われても、自分は物心ついた時と言うより、生まれた瞬間、左手を盛んに動かしていて、"この子は左" と言われたそうで、お袋様の体内で左右の経験をしたんだろうか?

 自分は生まれつき左利きで、お袋様の家系には左利きが多いから "遺伝要素" があると想っていましたが、少しばかり不思議なご研究成果です。


共通テーマ:日記・雑感