So-net無料ブログ作成
検索選択

20170701-2:“TEKKAI” ー 新たな定義と記念日のご提案 [ただの私見]

 本日のブログでは謹んでご提案を申し上げます。

1.“TEKKAI”
 大英辞典等には日本語もたくさん取り上げられていて、その国際化を想わせますが、ここに新たな提案を致したく:

TEKKAI:
 自らの発言について、自分が普段より思っている本音なのだが、報道機関等が問題視するので、とりあえずの鎮静化を狙って取り繕い、無かった事にする "日本独特の風習"。

 使用事例:
 ①「今回の選挙ではこの候補者を防衛*・自衛*・自民*からもお願い致します。」と申した事を ”TEKKAI” します。
 ②「**はその発言を “TEKKAI” したので、もはや問題は何もない」

 効果:
 致命的な誤り、更に法に振れた場合であっても、 "TEKKAI" さえ表明すれば、全てが無かった事になり、チャラになる、オールマイティな効果を持つ。

2.“TEKKAI” 記念日、もしくは “稲田の日” の設定:
 “TEKKAI” が大英辞典に掲載された事を記念して、その版が出版された日、もしくは大元となった今回の都議選応援の際に稲田防衛省大臣が自らの発言を撤回された日(2017年6月27日)を記念して国民が未来永劫忘れない為に新たに設定する。
 大英辞典に掲載されるのは遠い先になるであろうから、忘れやすい我が国民の高度の健忘症を配慮して、先行して "国民の祝日に関する法律" でとりあえず6月27日とする。
 すなわち、

 国民の祝日に関する法律に以下を追記:
  6月27日: “TEKKAI” の日、または “稲田の日”
  (どちらかは “国民投票” で決める)

・・・なぁんて、ここで “目が覚めちゃった!”


共通テーマ:日記・雑感