So-net無料ブログ作成

20170610:フランケン・ワイン [ワイン考]

 イタリア産の辛口も良いが、時に気楽に楽しめる ”フランケン・ワイン” が自分の好みではあります(ドイツ産唯一の辛口とされますが、シャルドネ程ではない)。

 一般には置かれていない部類なので、昔からのつきあいで輸入元から毎年一括して若干の数量を購入しているのだが、最近は以前の様な ”さっぱりした辛み感” に乏しい感じがしてならない。

 輸入元担当に問い合わせて見ると、ここ数年は夏場が暑すぎて、どんぴしゃの葡萄に育っていない傾向が少しあるそうだが、問題になる程ではないとの事。

 とすれば、自分の舌が ”加齢でピンぼけ” になってきたのか、それともハッピーカントリー産の格安シャルドネの味に馴染んでしまったのか、今ひとつ解らず、しゃっきりしない今日この頃です。
 こんな時、どうしたら?
 田崎さんのワインセミナーの門を今一度叩いてみるかなぁ?(*)
    (*) お時間あれば:20170403:ワイン ③ "日本ワイン"