So-net無料ブログ作成

20170520:ツバメを見た [自分の事]

 最近、”ツバメ” を見る様になりました。

 連休明け、薄曇りの日の午後、鶴見川支流沿いで日課としているウォーキングしている最中、水面をかすめる様に素早く飛ぶ鳥がいて、見たら背中が藍、腹が白、頭が赤、スラッとした姿・・・すぐに ”ツバメ” と解った。

 と同時に、ツバメは家屋の軒下等に巣を造ると聴いていたので、どこにあるのだろうかを見回したところ、川沿いの大きなマンションの敷地内にある2階建て管理棟の軒下に営巣している様だ。

 大きめのツバメは親だろうし、小さなのは子ツバメなのだろう、流れる様に飛び、とてもきれいだ。
 旧国鉄時代、そしてJR九州新幹線にも ”つばめ号” があり、鉄道好きの自分にはなんとなく愛着があるから不思議だ(本来なら、“鳥好きの方” が ”つばめ号” に愛着を感じるのが ”筋” っていうもの)。

 ウォーキングしている年配の方(こっちも相当な年配なのだが)に伺ってみると、ここ数年、連休前辺りから見かけているとの事で、何の事は無い、自分の気がつくのが遅かっただけだった。

 それにしても都会からは姿を消したと聴いていたのが、横浜郊外で見かけるとは・・・まだこちらには自然が残っていると言う事なのですね。
 そういえば、このブログ・コーナーでも何名かの方がツバメの飛び交う様子を紹介されていました。
 
 我が家の周りではカラスがうるさい程いるので、こちらには来てくれないのか?(こちらの方が木造二階建てで、巣が作りやすいよ!

 お時間あればご参照:”20170315:都会から引っ越してきた!? カラス”


共通テーマ:日記・雑感