So-net無料ブログ作成
検索選択

20170511-2:ラグビーW杯2019年大会・日本代表の相手決まる [ラグビー]

 10日の抽選会で、日本代表は “一次リーグ・グループ A”(Pool A)に入り、対戦先が決まりました:
   ① アイルランド(現時点世界ランキング:4位)
   ② スコットランド(同:5位)
   ③ 欧州地区予選1位
   ④ 欧州地区予選2位-対-オセアニア地区予選3位の勝者

 ①と②は9大会連続出場の強豪(:実は日本も9大会連続出場)、③はルーマニア、④はサモアもしくはトンガが予想されているが、何処も巨大な体格チームで、日本にとっては消耗戦が想定される(日本の世界ランキングは現時点で11位)。

 TVニュースでは ”ベスト8進出も期待出来るグループ” との(ノーテンキな)ファンの声が聴かれましたが、2015年W杯の “想定外” とされた活躍で、これ迄とは違って予め研究されるチームとなった日本代表が楽勝出来る相手はいないと言って良いでしょう。
 ヘッドコーチもその様なコメントでした(BS:J-Sports実況)。

 2019年大会は9月からで、残すところ2年4か月足らず。
 サンウルブズの奮戦をみれば、日本代表の実力が着実に上がっているとは誰でもが認めるでしょうが、W杯に出場する程のチームはどこも同じです。

 月並みですが、“頑張れっ!” としか言えない。

因みに:
 日本代表の対アイルランド代表戦績は7戦7敗、対スコットランド代表戦績は1勝10敗です。
 対スコットランド戦の唯一の1勝は、当時スコットランド代表は南半球へも同時遠征していて、主力はそちらで、若手中心の来日チーム相手であげた一勝でした(改装前の秩父宮競技場の正面側右翼立ち見席で観戦しました!)。
 こんな訳で、スコットランド自体はテストマッチ(国の代表チーム戦)と認めていません。


共通テーマ:日記・雑感