So-net無料ブログ作成
検索選択

20170501-2:柔道 ”全日本” 選手権を観た [ただの私見]

 平成29年全日本柔道選手権大会(*) を観戦し、大変満足しました。
   (*) 4月29日(土)。於・日本武道館
      主催:(公財)講道館、(公財)全日本柔道連盟

 この大会は1948年から始まったもので、体重・年齢等無差別で、文字通り、その年の ”最強選手” を決める大会として位置づけられており、今回の戦績は、本年の世界選手権、それに2020年東京五輪選考の際に重く参照される事になっています。

 出場選手は、前年大会優勝者及び準優勝者、リオ五輪優勝者等の連盟推薦選手と、全国を10の地区に分けた地区選出選手からなり、総勢44名(内一名が怪我で欠場)でトーナメント方式で争う。

 体重無差別なので70kgレベルの選手と100kg超級選手がハンデ無しで戦う試合は、一見気の毒な気もしますが、”柔よく剛を制す” を拡大解釈して ”軽よく重を制す” を期待する声援も大きい。
 とは言え、延長戦に縺れ込むと ”体力差” は如何ともし難く、重量級選手が軽量級を制してしまう。

 今回からは審判ルールが国際基準に改定され、”合わせ技” が無くなり、一部に ”指導狙い” の試合運びも観られた様でしたが、おおむね好試合が多かった様に想いました。

 今大会は、100kg超級の王子谷剛志選手(旭化成所属)が大学後輩(東海大学)のウルフ・アロン選手(100kg級)を破り、昨年に続き連覇しました(延長戦で、血だらけになっての凄まじい試合でした。優勝通算3回)。
 王子谷選手はリオ五輪出場を逃し(←何と理不尽な!)、調子を落としていたと伝えられていましたが、見事だったです。
 名を残す選手となるのではないか。

 海外大会でよく観られる意識的な柔道着の乱れ等は無く、やはり国内大会は安心して観ていられる想いを再度致しました(**)。
  (**) 拙ブログ:"20161213:観ていてワクワクするJUDOを!"

 柔道は格闘技であっても、”礼に始まり、礼に終わる決まり” を全選手がきちんと守り、気持ちよかったです(ラグビーにも似た処あります)。


共通テーマ:日記・雑感