So-net無料ブログ作成

20170425:”若いから失敗を恐れずにやれよ” の意味するところとは [ただの私見]

 小泉進次郎氏(自民党:人生100年時代の制度設計特命委員会事務局長)が、日経新聞社の社会保障制度の在り方についてインタビューを受けて、”名言” を吐いている:

「 よく、 『若いから失敗を恐れずやれよ』 と(先輩議員が)いう。 あれは(実は自分の)失敗を待っている。 失敗したら徹底的にたたきつぶされる。 」
                         [ (・・・)は当方の推定]

 更に、続きがある:
 「 次のチャンスを得るには、どれだけ自分がいま出せるものの最大限を出せるかという意識がないと、政治の世界は生き残れない 」
               (出所:日経新聞紙:2017年4月14日付朝刊)

 政界では若手なのに、”年寄りの厭らしさ” を良く見て、知ってますね。
 若手に追いかけられる年長政治家は、焦り、嫉妬し、反発し、捻くれる・・・でも、これって、政治の世界に限らないのでは?

 競争社会であれば、どこの分野でもあり得る事で、”禅譲” なぞ滅多にありません。
 それでも、若い方達には、二度、三度と果敢に挑戦出来る国であって欲しい。


共通テーマ:日記・雑感