So-net無料ブログ作成
検索選択

20170420:スポーツ選手のインタビューで感じる事 [ただの私見]

 つい最近の浅田真央さん、それにちょっと前のスケート世界選手権を制した羽生選手を始め、昨年のリオ五輪の選手皆さん方やテニスの錦織選手等の "インタビューの受け答えの見事さ" にはつくづく感心しています。

 大リーグの選手達、そしてヨーロッパのプロ・サッカー選手等の受け答え(含・日本人選手)も、実に堂々としていて、気が利いています。

 こう観てくると、単なる想像に過ぎませんが、海外で(も)活躍されているこれ等若手選手の方々は、コーチの方から技術・メンタル(:特にポジティブ・シンキングの心得)・対外折衝術等を総合的に指導されているのでは?・・・と想うのです。

 昔のスポーツ選手はインタビューの受け方迄の指導を受ける余裕は無かったのでしょう。
 と言うのも、自分の感じた限りですが、”まともな受け答え” は無い様な気がしてなりません。

   「頑張りますので、応援よろしくお願いします!」

等との紋切り型が多く、ちょっと残念です。

 記憶違いかも知れませんが、あのイチローさんは、

   「応援してくれとは言わない。プロだから、自然にそうなる様に努力・練習する(している)

とか、言ってませんでしたっけ?

 今のスポーツ選手、昔とは何か "世界観の違い" を感じます。

共通テーマ:日記・雑感