So-net無料ブログ作成
検索選択

20170316:東欧人が "世界地図" に戸惑う [自分の事]

 昨日カラスについて想い巡らし、"当事者にならないと気がつかない事" って、たくさんあると気がつきました(情けない事に、この歳になって!(>_<))

 更に想いを巡らすと、世界地図の絵柄は海外ではどうなっているのか・・・が気になり出し始めました。
 と言うのも、自分が現役の頃、自分の部署に東欧の方が加わった時の事です。
 彼は、壁に掲げていた世界地図を見て、"それが何なのか、しばらく解らなかった" そうです!

 わが国では、日本を中心において、右側に広大な太平洋が広がり、その先に南北アメリカ大陸が、左側へは中国・東欧を経て西欧とアフリカ大陸が描かれ、当然ながら大西洋は右端と左端に分断された形でまともには描かれていません。
 
 一方、欧州・米国では自国を中心とし、大西洋を一つにまとめ、太平洋は右端・左端で分断されてまともに描かれていない世界地図となっています。
 これだと日本が極東に配置されており、東欧から私らの仲間に入った彼は、この様な世界地図しか見ていなかった訳で、彼の頭の中では欧州が世界の中心で、我が日本は遙か々々の東に位置する国だったのです。

 暫くして気がつきました:"日本は本当に極東なんだっ!" と。
 彼は、自身の興味・関心事については、論文・雑誌や、(今程には網羅的では無かったにしろ)インターネットを介した情報を通して日本をとても身近に感じていた様でです。

 よくままぁ、行く気になったなぁ・・・と言えば、彼は "やりたい事があれば何処にでも赴く" と言ってましたっけ。
 自己実現に向かっては何処までも追いかけていく!
 "狩猟民族" なんですねぇ!

 以下、脱線です:
 それでは、中国とかロシアではどの様な絵柄の世界地図なのか(ハワイは右側に描かれているのか、それとも?)、アラブの世界から見た世界地図は?
 アフリカや、ブラジル・アルゼンチン、或いはチリ等の南米等、即ち南半球の国々から見た世界地図は?
 確か、ニュージーランドのお土産に南を上にした世界地図が売られていた記憶が・・・
 気になり出すと夜も寝られません・・・は冗談です。

 因みに北極を中心とした北半球地図は、アクション映画等で良く眼にしますし、また大昔の日本⇔欧州間空路、所謂、北回り航路図でお馴染みでした。
 アンカレッジを経由していましたが、そこは今どうなっているのだろう?


共通テーマ:日記・雑感