So-net無料ブログ作成

20170207:ニャン・フィーバー ②ニャンは ”ハンター” [ニャン]

 拙宅は横浜市郊外の丘陵地域中腹にあり、北側に畑、東側に竹林がある行き停り道路沿い。 地元の車でさえ殆ど通らないし、犬は散歩の時だけ。 夜間を含めて一日の殆どがニャンの天下で、敵はカラスだけの日が多い。
 1月末の異常に暖かった日の事。 いつもの通り我が家のニャンが畑で遊び回り、小鳥を捕まえようとして何回も飛び跳ねているのを観ていた。 小鳥の方が素早く飛び去り、何回やっても失敗していたが、ついに成功、口にくわえて我が家に凱旋してきた。 物の本によれば、これは飼い主に 「喰え」 とのサインらしい。
 小鳥はぐったりしていて、気の毒だ。 ふと思いついて、こちらから姿勢を低くして同じ目線で "ニャン・ニャン" と話しかけると、習慣からか "ニャン" と "返事"。 ニャンが口を開けた瞬間を見逃さずに小鳥は飛び去っていた(本当の話です)。 ヤレヤレ・・・
 それにしてもニャンは獲物を狙う時はファイト・モードいっぱいで、当方に見向きもしない。 本性はすごい "ハンター" なのだと改めて実感した次第です(徳之島では野生化した野良猫が希少ウサギを捕らえているらしい)。 春になるとネズミを咥えてくる時があるので、いつもヒヤヒヤします。


共通テーマ:日記・雑感