So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

20170325:AI ⑦"君" は楽しいかい? [素人 AI 考]

 新聞でも TV でも人口知能AI)の話題が無い日が無い程、AI については次から次へと動きが激しい様です。

 将来はノーベル賞受賞も期待し得ると予測する学者さんもおられる様だし、最近は、AI を開発する技術者と AI 自身への "倫理規定" も日本人工知能学会が定めたそうです。

 いずれは人智を超える可能性を否定出来ず、人による悪用邪悪な心を持つ AI の開発・誕生を恐れての事だそうです(それを思い起こす映画もありました:"I, Robot")。

 こういうシリアスな事は専門家にお任せする事にして、ここでは少し違う視点で。

 知能の限りない発展を経て AI 自身が人間社会の一員になった場合、人間との付き合いはどうなるのでしょうか?

 野口悠紀雄さんは、"AI は生活を楽しくする"(日本経済新聞紙:2017年2月25日)と指摘していましたし、呼応するかの如く、イワショーさんが3月22日付けのブログ(*)で ”飲みニケーション・ロボット” と題して、"飲み会を楽しく仕切る AI ロボット" の実現を期待(?)/紹介されたのが見事でした。
(*)トラックバックが表記されていませんので、ここではURLを省略させて戴きます。

 そこで、我が家に鉄腕アトムを迎入れたら・・・なんて、想い浮かべながらの、以下は妄想です:
 ① 仲間とワイワイしながらの飲み会に一員として参加したら?
 ② 青空の下での気晴らしドライブは?(自動運転はお手の物)
 ③ お気に入りの役者の映画・芝居やお好み音楽会の鑑賞は?

 果ては
 ④ むしゃくしゃして鬱憤・憂さをはらす一人酒は?
  (その前に倫理規定で禁酒されたりして?)

等々・・・

 加えて
 ⑤ AI は悩む事は無いのか?
 ⑥ AI が特定の人間を気に入ったら恋をするのか?
 ⑦ AI が特定の人間を嫌いになったらどうするのか ?
 ⑧ お掃除ロボの様に、"一人" で電源を求めて充電するのだろうか ?
  その時、停電だったら? お日様を浴びて充電するのか? 外が雨だったら?

 鉄腕アトムも迷惑しそうな、取り止めのない事です。
 ⑨ AI もブログするのか? そうなら是非ともこのブログ・コーナーで!
 ⑩ AI も妄想はするのか?
 (先の野口悠紀雄さんは、AI は "問いを発する能力" は無い(すくなくとも今は))

・・・なぁーんて!
(>_<)


共通テーマ:日記・雑感

20170324:日本酒 ⑤ "SAKE" グラス? [日本酒]

 昨日の続きで、またそこで考えた理由で、ここでは "日本酒" の事を "SAKE" と記す事にします(以後続くかどうか解りませんが・・・)。

 SAKEにも、さわやかな香りを醸し出す吟醸酒もあれば、昨日付けブログで新聞記事を引用させて戴いた様なバナナとバニラの様な華やかなアロマ(←濃厚なんでしょうネ! 多分、自分は苦手か?)を放つSAKE made in USA(!)もあり、多種多様です。

 単に "エタノール+水+醸造アルコール(=実はエタノール)" ではこうはならず、微量或いは少量の "有機酸" や "残糖" 成分のお陰と言う訳ですが、通い居酒屋の飲み友から、SAKE にも、この "香りを積極的に愉しむグラス" があると聴きました。

 初耳です。
 自分は、SAKE を冷やで戴く時は白ワイン用グラスを使う(*) のですが、香り豊かな赤ワインを愉しむ時のグラスの様に下膨れで、ガラス自身も極く薄としているらしい。

(*) 香りではなく、僅かな琥珀色を呈する SAKE の場合、その色合いを愉しむ為。

 自分好みの SAKE を、気ままに、この様な工夫を凝らしたグラスで味わう・・・何とも贅沢な一時なのでしょう!
 取り敢えず、赤ワイン用のグラスで試してみましょう。
 とは言え、自分は香り豊かな SAKE はストック出来ていないので、何時の日になる事やら・・・
 先になりそうです (-_-)


共通テーマ:日記・雑感

20170323-2:日本酒 ④米国酒? [日本酒]

 今や、米国で米国人によって醸造された "日本酒" が品評会で金賞を獲得する時代になったようです。

 一ヶ月前の新聞記事を整理していたら紹介記事を見つけました:
  日本経済新聞紙(2017年2月19日付け夕刊):"SAKE造り 米国人挑む"
    - 元金融技術者、失業で一念発起
    - 日本の老舗に負けぬ味

 あのリーマンショックで失業し、羽振りの良かった時代に出会った日本酒に関心を持ってのトライ。
 京都・大阪・広島の造り酒屋を廻り、セミナーで勉強し、一人で麹&酒母造り・仕込みをこなし、純米吟醸酒を造るそうだ(もともと趣味でビール造りの経験者ではあった由)。

 "バナナとバニラの様な華やかなアロマ" が特徴だと言う( ← ン? ・・・ どんな味だ? 自分には直ぐには想像出来ません。 ワインなら "ありえーる" と想うが・・・)。

 国際品評会で "金賞" と言う事で、ご祝儀受賞ではないでしょうから、立派なものです。
 米(こめ)はカリフォルニア産コシヒカリ(≠酒米の筈!)で、4割削った純米酒。

 こう言うお酒って、"日本酒" っていうのでしょぅか?
 それとも "米国酒"? "Rice Wine"?
 或いは、簡単に "SAKE" かな?
 
 750 ml 瓶詰め*1,200本/月の生産規模で、出荷先は国内(即ち、米国内)と英国だけらしく、日本へは未だの様だ。
 自分が現役で、米国出張の機会があれば何とか理由をつけて醸造元を訪ねるのだが・・・
 日本の醸造元はどんどん減っているのに、"SAKE" は拡がってはいる様ですネ!


共通テーマ:日記・雑感

20170323:際どかった! 地下鉄サリン事件 [自分の事]

 去る3月20日は "地下鉄サリン事件"(1995年)発生から22年目の日。
 
 当時、自分は現役で、素材企業の研究所(@横浜市)に勤めており、本社からの呼び出しで打ち合わせの為に頻繁に東京メトロ日比谷線の霞ヶ関駅を利用しておりました。

 3月20日はたまたま呼び出しが無かったのです。
 事件は午前8時頃起こったので、自分が出向く時間帯とはズレていたのですが、想い出す度に "際どかった" ・・・としか受け取れないのです。
 偶然居合わせた犠牲者の方々も多かった訳で、お気の毒でならない。

 同じ様な際どい経験は今ひとつあります。
 1985年8月12日の "日航機御巣鷹尾根墜落事故" がそれで、通常の大阪方面への移動は東海道新幹線を利用するのですが、用件時間帯次第では飛行機を利用する事もありました。
 事故の一週間程前に大阪に出向いたばかりで、これも今から想うと際どかったです。

 最近は月に一度、京都に出向く際は東海道新幹線(新横浜駅⇔京都駅)を利用していますが、"東海地震" も懸念されている折、家を出る時はそれなりの気持ちを入れ替えています。

 正直、時に、こんな気持ちから "解放されたい" とも想う次第です。
 幾分、被害妄想過ぎるとは想うのですが・・・

 悲惨な事件・事故の "そば" を経験した事から、毎年、この種のニュース・新聞記事を見聞きする度に襲われる想いです。
 皆様は、こうしたご経験御座いませんか?


共通テーマ:日記・雑感

20170322:家事の分担 [自分の事]

 3月11日のあべしん様ブログ ”底辺生活” の中で、ご家庭での奥様との家事分担の事が紹介されていました。

 我が家では、簡単なフライパン料理と食べ終わった後の食器洗いは自分の担当であります。
 何時だったか(、多分10年以上前)、家内が体調を崩して寝込んだ折、賄いの方の派遣をお願いして急場を凌いだ事があって、家事が重労働だと改めて知らされ、食器洗いだけを担当し始めました。

 ただその当時は食器洗い機があって、簡単な水洗いだけで済んでいたのですが、いつの間にか故障して乾燥しか出来なくなり、以後は洗剤で綺麗に洗ってから乾燥し、食器棚へ戻す迄、自分がしております。

 同時にフライパンだけで仕上がる炒め物やパスタ類も見様見真似で腕を上げ、今ではそれなりのものも調理出来る様になりました。

 フライパンは大変便利で、水を沸騰させても決してあふれ出る事は無く、煮炊きもOK。
 男の料理は道具から入る方が多いそうですが、自分はフライパン一本で全てを済ませています。
 勿論、懐石料理の様な芸術品は出来ませんが・・・
 でも、懐石料理って、毎日、家で食べるものでは無いですよねぇ。


共通テーマ:日記・雑感

20170321:ニャン ⑦花粉症? [ニャン]

 NONNONオヤジさんが3月13日付けのブログでも触れておられましたが、ニャンにも花粉症ってあるのでしょうか?

 毎年この季節になると、特に最近は、家内と我が家のニャン(ソマリ種。雄。6歳半)は競う様に "くしゃみ" を連発し、 "鼻水と目やに" に悩まされています。
 花粉症だっ・・・と想わざるを得ません!

 目やにを拭くと気持ち良さそうにしています(家内では無く、ニャンがです!)。
 ソマリ種は野生が残っていると言われ、"だっこ" をされたがらないのですが、この時ばかりは、やけに温和しいのです。

 記憶が正しければ、漱石先生記するところの "我が輩" には花粉症は無かった様ですが・・・
 当時は花粉症って、知られていなかった?

 少なくとも江戸末期に於いては "花粉症に悩む" ニャン子は知られていない様です。
 あの歌川国芳(1797-1861年)が描いた "猫飼好五十三疋"(みょうかいこう53びき) の中でも、日本橋(始点)から京(終点)迄の53+2疋の猫はくしゃみをしていない様に見えます(*)。
  (*) 月刊サライ誌,2017年3月号,44-45ページ

 今を活きるニャンも大変です!


共通テーマ:日記・雑感

20170320-2:C.ベリーさんの逝去を悼む [故人を悼む]

 ネットニュースで知りました。
 18日(現地時間@米国)に死去されている事が発見されたとの事です(詳細不明)。
 享年90歳。

 自分の様な年齢の洋楽ファンにとっては、メイベリーン(1955年)、ロール・オーバー・ベートーベン(1956年)、ロックン・ロール・ミュージック(1957年)、そしてジョニー・B・グッド(1958年;グッド= "Goode" です)等の "ロックン・ロールの古典" が懐かしい想い出です。

 特にジョニー・B・グッドはE.プレスリーは無論、数え切れない程の方々がカバーした版も知られていますし、我が国では "キャロル"(リーダー:矢沢永吉さん)のオリジナル持ち歌とも捉えられていた程です。

 この曲については、"バック・トゥ・ザ・フューチャー_1" (1985年・米)で、1955年へタイプ・スリップし、当時の高校ダンスパーティーの席で主人公が即席にギター演奏し、それをバンドの仲間がC.ベリーに電話で聴かせて、新たなリズムが3年後に生まれたとの "パラドックス" を描いていたのが有名です。

 1950年代は未だ人種差別が厳しかった時代の米国で、新しいリズムを切り拓いていった苦労は大変な事だった模様です。
 昨晩は、"YouTube" のおかげで様々な時代のジョニー・B・グッドを見聞きする事が出来ました。
 時代の流れを痛感します。
 またもや自分の青春時代の一つの想い出が旅立ちました。
 黙礼。

 付記:年代確認の為、"WikiPedia" を訪問しました。


共通テーマ:日記・雑感

20170320:今年は ”河津桜” たくさん観ました! [自分の事]

 1月央からこのブログ・コーナーに参加させて戴き、いろいろな楽しみ方がある事に気がつきましたが、その一つに "河津桜" がありました。

 息子が本家本元の河津に出向き、何十枚もの写真を撮り、見せてくれましたが、これに加えてこのブログ・コーナーで、ついこの間迄、たくさんの方々が、河津に限らず、各地で咲き始めから満開の様子迄を見事な写真で紹介して下さいました。
 身近には河津桜を始め、緋寒桜が見当たりませんので、大変珍しく、愉しませて戴きました。
 ご紹介戴いた皆様、有り難う御座いました。

 あと一二週間もすれば、拙宅の前、北側畑脇にデンと構えているソメイヨシノが咲き始め、春を実感する事を楽しみに待つとします。


共通テーマ:日記・雑感

20170319-2:サンウルブズ惜敗続く(スーパーラグビー第4戦) [ラグビー]

 日本時間3月18日深夜、今季スーパーラグビー(SR)第4戦で我がサンウルブズはアウェイでブルズ(南ア)と対戦、 21:34 で惜しくも敗れました(4連敗)。

   サンウルブズ/ブルズ
   T(5点):2/4
   G(2点):1/4
   PG(3点):3/2

 なにせ年寄りにつき真夜中の実況は見逃しましたが、後追いで見ると、今季初戦での大敗の様な "なす術無し" いう訳では無い様でした。

 スクラムは安定し、先取点をあげ、後半早々に相手は反則(ハイタックル)により14名となり、数的優位に立ったのですが・・・

 終了間際の “トライ” が “ノックオン” と判定され、5(+2)点を逃しましたが、この試合、福岡選手がまたもやトライをとり(3試合連続)、また優秀選手(マン・オブ・ザ・マッチ)も日本選手が選ばれ、奮戦して暮れました。

 が、負けには違い無く、残念です。
 自陣での反則が多かったのも課題でしょうが、それでも何となくですが、試合を重ねる毎に上向いている感じは受けているので、今後に期待しましょう!


共通テーマ:日記・雑感

20170319:自己流確定申告法 [自分の事]

 二週間前になりますが、平成28年分の所得税等確定申告書を作成・提出致しました。

 自分の場合、
  ① 医療関係の領収書
  ②(関係先から送付されてきた)源泉徴収票
  ③ 必要経費書類(消耗品+必要書籍+交通費等全ての領収書)

を "常時"(←これが最大ポイント!)、自分/家内別+月別に整理し、エク*ル表でデーターベース管理しておけば、2月下旬か3月初めに財務省の所定ウェブサイトを訪ね、前年度データーを上書きするだけ、凡そ10分弱で申告書が完成するので極めて簡単です。

 社会保険&一般生命保険については控除証明書が送られて来るので、そのデーターを記入するだけでOK。

 大分前に全ての領収書を糊付けして(3cm以上の冊子になった)申告書共々提出したら、医療関係書類だけで、他は不要と言われました(原則、申請内容を信頼して対処するとも)。

 とてつもない数量の申告書を検査・審査するので、数cmもある厚い領収書全てに検査・審査するのは実質的に無理なのでしょう。

 以後、医療関係書類+源泉徴収票+保険控除書類だけで済み、提出後ほぼ一ヶ月するとなにがしかの還付があるので、それを楽しみに待つ事にしています。
 今後はマイナンバー管理されるのでしょうネ


共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -